グラゼニのネタバレと評価(感想)!あらすじや試し読みあり!

グラゼニ ネタバレ評価

 

『グラウンドには銭が埋まっている』

長く使われているフレーズです

これはまさに真実です ぼくは頭の中で『グラゼニ』

とよんでいます。」

 

野球漫画は数あれど、

ここまで克明に野球選手を描いた漫画は他にない!

 

華やかなプロ野球の裏側を知れば

きっと、野球の見方が変わるはず-

 

このマガ(このマンガがすごい!)男編第2位。講談社漫画賞など

数々の賞を受賞した野球漫画界の問題児

「グラゼニ」のご紹介です。

グラゼニのネタバレ・あらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「グラゼニ」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

年齢は26歳 独身 年収1800万円

凡田夏之介(ぼんだ なつのすけ)

神宮スパイダースの中継ぎ投手

 

プロ野球という華やかな舞台

約束された高い給料

一般人には憧れの職業のように思えますが

その実体は、楽じゃない!

 

夏之介がいつも気にしているのは選手の年俸

 

所詮プロはカネです

自分より給料が高い選手は上に

低い選手は下に見えてしまう!

 

そんな本音を隠している夏之介は焦っていました。

自分の給料の1800万円というのは全然足りないことに。

夏之介が焦るのにはワケがあります。

 

野球選手はシビアな世界、一回怪我をしたら見捨てられます。

30過ぎたら、いつ収入が途絶えるかわからない職業なのです。

それに、辞めたあともつぶしが効かない。コーチになって

活躍する選手なんてひと握りしかいない。辞めたあとは

年収100万円なんて人もいるぐらい。

 

そう

野球選手は現役のうちに稼がなければならない職業なのです。

自分が野球を辞めたあと

年収1800万円では「人生の収支」がとれないのです!

 

そんな事情はほかの選手も同じ

しかし、情に流されるわけにはいかない-

明日は我が身なのだから!

 

その日の夏之介の相手は

ノンプロからプロ入りした選手 年収700万円

左投げの夏之介に対して有利な右打ちの選手

それゆえ、もしここで夏之介の球を

打てなければ来年の契約は難しい- そんな選手

 

彼のグローブにはふたりの子供の名前が-

それを見て夏之介がとった行動とは-

>>続きはこちらから

「グラゼニ」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

グラゼニの評価・感想

野球漫画っていうと

野球選手になりたい子に希望を与えるストーリーが多いですよね。

 

でも、この漫画は見事に正反対。

野球選手になるという夢ではなく

なったあとのリアルな人生が刻々と書かれていて、斬新です。

 

中には辛いエピソードもありますが、

選手のリアルが書かれているからこそ

人間ドラマとしての深みがよく出ている作品です!

 

普通の野球漫画のドキドキ感とはちがう

じんわり胸があったかくなる

大人のための新感覚野球漫画

「グラゼニ」

社会人の方に読んで欲しい一冊です!

「グラゼニ」 と入力し検索(´ε` )