重版出来(漫画)のネタバレと感想!【試し読み無料】

重版出来 あらすじネタバレ

 

この本は

漫画をたくさん読む、漫画スキーの人にぜひ読んで欲しいですね。

 

漫画や漫画家のことはよく知っていても

漫画出版社や担当のことはよく知らない人も多いはず。

 

そんな舞台の裏側にスポットをあてた

漫画家と担当の絆のストーリー

読めば、ほかの漫画の読み方も変わるかも!?

 

2016年4月に黒木華初主演で話題になった本作

「重版出来」をご紹介します。

重版出来のネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「じゅうはんしゅったい」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

黒沢心(くろさわ こころ)

日体大学の卒業生。

柔道部所属のため、黒髪ずんぐりでどっか垢抜けない感じの女の子で

面接官からも裏で「小熊」といわれるほど。

 

そんな黒沢が就活したのは、大手の漫画雑誌出版社・興都館

倍率の高さに黒沢の友達は心配するも

人並み外れた集中力と勝負運の強さでみごと筆記を合格。

 

第二次の面接で、自分の入社動機を熱く語る黒沢

「子供の時に読んだ漫画に憧れて

 柔道を始めて、主人公たちとおなじ喜びと苦しみを体験し、

 血を吐くような練習の後も、漫画を読んで元気をもらいました。」

 

「私もそういう作品を作りたい!

 世界の共通語となる漫画作りに参加して、

 地球上のみんなをワクワクさせたい!」

 

 

「柔道をやめた今、

 心から熱くなれる場所はここしかありません!!」

 

しかし、黒澤は面接官の質問に口ごもってしまいます。

 

すると、その時突然、用務員のおじさんが面接会場に乱入

黒沢に襲いかかってきました。

 

これを見事な一本背負いで投げ飛ばした黒沢でしたが、

なんとその投げ飛ばされたおじさんは、

興都館の社長だったのです。

 

じつは社長は黒沢の姿を見て、凡人にはない武運を感じたって

お芝居をしたのでした。

 

「出版も勝負の世界だ。

 彼女のような人材こそ、いい働きをすると思うよ」

 

こうして、黒沢は興都館の発行する週刊コミック誌「バイブス」

編集部に配属されることになり

新人編集者 黒沢心の編集者生活が幕を開けることに-

>>続きはこちらから

「じゅうはんしゅったい」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

重版出来を読んだ感想

やっぱり、職業漫画ときたら、元気一発な
スポーツ少女が奮闘するというパターンは王道ですよね。

 

重版出来第1話もそんな柔道少女 黒沢心が大活躍する話。

個人的には心ちゃんが

「面接は柔道と同じだ。

 技は相手が息を吐くと同時に仕掛ける!!」と力説し

面接に挑む箇所の迫力は見どころです。

 

2ページくらいで、「黒沢心はこういう人間だ」ということが

よく描かれています。

 

1話は心ちゃんメイン

2話目から心ちゃんが実際に漫画家と会い、

絆を深めていくのですが、そこからもすごい面白い。

 

ネットでオワコンと評される老漫画家を

心はどうやって助けるのか。-気になりますよね(笑)

 

そんな心ちゃんの奮闘記「重版出来」

ドラマと合わせれば楽しさ2倍です。ぜひ読んでみてください!

「じゅうはんしゅったい」 と入力し検索(´ε` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です