かくかくしかじか(東村アキコ・漫画)のネタバレと感想!試し読み無料

あらすじネタバレ

女性漫画家 東村アキコ

「海月姫」「主に泣いてます」で大ヒットを連発し

映画化・ドラマ化の原作多数の人気漫画家

 

そんな彼女がマンガ家になることができたのは

一人の先生のおかげでした。

 

「かくかくしかじか」で私はマンガ家になれました-

東村アキコが今だから語れる

その青春の一ページを描いたドラマチック・エッセイ

「かくかくしかじか」をご紹介します。

かくかくしかじかのネタバレ

 

ストーリーは作者東村アキコが自分の高校生時代の思い出を回想する形で進みます。

 

彼女の本名は林明子(はやし あきこ)

高校生の明子は完全に天狗になっていました。

 

すでに小学生で漫画を書いていた時点で

自分のことを天才だと思っていた明子

 

自分が書いた漫画を少女漫画雑誌『りぼん』に投稿すれば

超大型新人でデビュー

  • ゆかり先生から「天才新人」と評価

スタジオぴえろでアニメ化

浅香唯主演でドラマ化

 

…なんて妄想しながらのんびりと育ち

自信そのままでボーッとした高校生になってしまった明子

 

おだてられるとどこまでも調子に乗る性格が災いし

絵に関して自分が天才だと思っていた明子は

東京の美大に入って華麗にマンガ家デビューという

あまっちょろい人生設計を

本気でできると信じていました。

 

見事に友達の二見(ふたみ)さんに「甘い」と言われ、

明子は彼女の勧めで、彼女が通っている絵画教室に通うことに-

 

持参するように言われたデッサンを抱えつつ

バスの中で明子は思うのでした。

「こんなの(デッサン)見せたら…

『天才がやってきた』ってびっくりされちゃう…」

と、この甘っちょろさが原因で

このあと、彼女は地獄を見ることに-

 

そう、絵画教室の先生-日高健三は

竹刀片手にばんばん教え込む スパルタ教師だったのです。

 

絵を描くことでつながる明子と先生の絆の物語のはじまりです。

>>続きはこちらから

「かくかくしかじか」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

かくかくしかじかを読んだ感想

ギャグが秀逸な東村先生

本作もフフッてなるシーンがたくさんあります。

 

ただその中にも、しんみりするシーンもあって

「あの場所は すべてがただ一つの目的のために

ああでなきゃいけなかったってことが今の私にはわかります

いまさらもう遅いよね 怒らないでね先生」

 

なんてセリフ(第2話)は、「もしかして健三先生って…」と

はっとさせられます。

 

執筆スピードがめちゃくちゃ速い東村アキコ先生のルーツが

解き明かされる一冊

ひとりの少女が夢に向かって頑張る話-

自分の高校生時代を思い出しながら

読んでみてください。

 

東村アキコ先生の軌跡を描く「かくかくしかじか」

ぜひおすすめしたい作品です!

「かくかくしかじか」 と入力し検索(´ε` )