電波の城を試し読みした感想と評価!ネタバレ注意!

電波の城 あらすじネタバレ

 

謎の美女 天宮詩織

ぱっとみ 涼しげなクールビューティー

しかし その実態はとにかく謎!

 

時にセクシーで、時に暴力的。

かとおもうと、今度は一転、子供じみた行動をとることも。

 

素性も不明、裏世界とのつながりすらうかがえる彼女

 

わかっていることは

その名前、年齢、天気予報士の免許を持っていること

そして

「アナウンサーになりたい」ということ

 

「GU-GUガンモ」「ギャラリーフェイク」でおなじみ

細野不二彦がマスコミ・芸能業界の闇を切り裂く話題作

「電波の城」をご紹介します。

電波の城のネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「電波の城」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

 

「丸の内」テレビ局社員 谷口ハジメ(たにぐち はじめ)

ある交通事故の真相を追っていた。

 

被害者は小学三年生の男の子

義理の父親と下校中、トラックの前に飛び出し死亡

警察では、男の子が自分の意志で飛び出したとして

事件性を否定していたが、その発表に疑問を抱く-

 

彼は、義理の父親にインタビューをした時

直感的に、父親が子供を突き飛ばしたと確信

正義感の強いハジメはどうにかして

そのことを証明できないかと奮闘しましたが。

証拠は何もなく、焦るばかり…。

 

頭を冷やしに公園に立ち寄ったハジメは、

そこで 偶然通りかかった天宮詩織(あまみや しおり)

ヒントに、事件の真相にたどり着くことに…

 

一方 天宮詩織は人を探していました。

元サッポロ地方局アナウンサーである自分を

最高のアナウンサーに仕上げてくれるパートナーを。

 

彼女には目標がありました。

一世を風靡するアナウンサー 本城律子(ほんじょう りつこ)

彼女の高みまで上り上がること。

 

今は落ちぶれた、元敏腕アイドルブロダクション社長

鯨岡平助(くじらおか へいすけ)

借金取りから助けた彼女は

鯨岡の事務所に所属したいと申し出ますが

鯨岡は得体の知れない天宮を入れることに乗り気ではなく-

 

はたして天宮はキー局のアナウンサーになれるのか

謎多き美女のサクセスストーリーを描きつつ

マスコミ・芸能界をシリアスに描いたリアルな社会派ストーリー

>>続きはこちらから

「電波の城」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

電波の城の評価・感想

まず、本作は細野先生の作品には珍しく

一話完結ではない、いわゆる続きものになっています。

 

気軽に読むのは難しいかもしれませんが、

もとより一話完結でも重厚さを味わえる細野テイスト、

本作ではより磨きかかっていて、圧巻の内容になってます!

 

キャラもみんな個性的。

まず、ヒロインがすごい!

バイオレンスでミステリアス!

何言ってるか分からない方。ぜひご覧ください。

本当にバイオレンスでミステリアスなんです(笑)

 

そのかわり相棒の鯨岡さんが、不遇すぎてかわいいですよ。

4話で詩織にセクハラしようとして失敗したところなんかは

最高にかわいい。そこだけでも読んでみてほしいです♪

 

ハジメと詩織のこれからの出会い、詩織の本当の目的

はたして鯨岡に報われる日が来るのか!?

先が気になって仕方がない漫画「電波の城」

ぜひ、まとめて読んでみてください!

「電波の城」 と入力し検索(´ε` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です