こちら椿産婦人科(あまねかずみ・漫画)のあらすじとネタバレ感想!

こちら椿産婦人科 あらすじネタバレ

 

過去にドラマ化もしている「こちら椿産婦人科」です。

この漫画にはいろいろな患者さん、
いろいろなお医者さん・病院スタッフ、

その他にも新聞記者やたくさんな登場人物が繰り広げる人間ドラマが詰まってます。

 

妊娠にも様々なケース、様々な想いがあって
ココロが締め付けられるような場面も多くあります。

 

これから母親になる方、妊娠の経験がある方など
大人の女性にぜひ見ていただきたいです。

 

それではあらすじネタバレを紹介します。

「こちら椿産婦人科」のあらすじとネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「こちらつばき」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

医者「よーし、もう一息だ 頭が出てきたぞ」

 

女性が出産するシーンから始まります。

医者「うまれたよ!」

 

無事、元気な赤ちゃんが産まれました。

けれど、女性は嬉しそうにありません。

 

女性「その子、欲しい人にあげてください」

 

女性の名前は久野綾子(くのあやこ)28歳。

 

久野は元情夫を殺害した罪で子供を産んだ後、警察に自首しました。

その後、主人公の万作(まんさく)の所に彩が久野の出所の話をしに来ました。

 

久野は彩の父親が弁護したようです。

久野は5年で出られることになりました。

 

彩は久野の話をしながら愚痴を始めます。

 

そんな彩を、万作は子ども扱いです。

 

彩「ばかったれの万作!

いつも新しいパンツ履いてきてるってのに・・・

どうしてくれるのよ!?」

 

なかなか過激ですね・・・(笑)

無事久野は出所の日が訪れ、万作は彼女を迎えに行きます。

 

久野は事件が起きた日、当時の夫とはきっぱりと別れたつもりでした。

夫は産まれたばかりの赤ん坊を引き取り、
自分との愛を守るため、バカな男を手にかけてしまった久野を待っていました。

 

その話を聞いたとたんに久野は車から降りようとします。

久野は夫は自分以外の他のいい人と結婚出来るはずと去ろうとします。

 

万作「実の母親がいるのに母親と

暮らせない子供は不幸だと思わないか?」

 

万作は久野を説得しようとします。

 

久野の母親も生活苦から犯罪を犯していました。

久野の母親はやけになり男に溺れ、久野のことを久野が殺害した男に売りました。

 

久野は夫のところには戻れないと思っています。

 

久野「あの子のことを思わなかった時なんて

これっぽっちもなかったのよ!!」

 

子供ことは忘れられず・・・

>>続きはこちらから

「こちらつばき」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

「こちら椿産婦人科」を読んだ感想

純粋に妊娠にもいろいろな種類があるのだなと思いました。

 

望まれた妊娠、望まれない妊娠。

望まれたけどかなわない妊娠。

 

本当に人の命、人生とは難しいと考えさせられる作品でした。

 

その中で、彩が毎日新しいパンツを履いている暴露・・・(笑)

それってけっこう凄くないですか!?

 

人の運命って些細なことで変わったりするんですよね。

この先、久野と子供の運命はどうなるのでしょうか?

 

久野と子供と夫の運命を変えるために万作が奮闘します!

「こちらつばき」 と入力し検索(´ε` )