私がいてもいなくてものネタバレ(あらすじ)と感想【試し読み無料】

私がいてもいなくても ネタバレあらすじ

 

「なんか すっげーおもしろいことないかなー」

バイトをクビになったフリーターの昌子が吠える!

 

友達が立派に働いていく中で

自分の仕事が見つからず、だれにも大切にされなくて…

私、いてもいなくても一緒なのかな?

未来が見え始めてきた19歳

まだまだ繊細なお年頃のきもちが軽快に描かれてます。

 

あなたは誰かに必要とされてますか?

 

居場所を見失ったすべての人に贈る

いくえみ綾先生の応援歌

「私がいてもいなくても」のご紹介です。

私がいてもいなくてものネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「私がいてもいなくても」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

阿部昌子(あべ しょうこ)は19歳のフリーター

実家で暮らしながら、バイトの毎日。

 

しかし、バイトが長続きしません

 

「接客業向いてないんじゃないかぁ」

 

その日もファミレスのバイトをクビになってしまいます。

 

彼氏の菅野剛司(かんの たけし)

慰めてもらう昌子ですが、

剛司の部屋で自分のではない長い髪を発見-

浮気の予感を感じ取りながら

何も言わずに剛士の部屋を出ます。

 

それでも友達には恵まれている昌子

大学に行きながらホステスをしている美穂(みほ)

だべりながら、愚痴を聞いてもらい

それでも、昌子は孤独感を感じます。

 

勉強しながら、自分にあった仕事をしている美穂を

かっこいいと思いつつ、そこには焦燥感もチラリ。

 

そんな時、昌子に転機が-

彼女の友達で、売れっ子漫画家の

神田川真希(かんだがわ まき)

昌子にアシスタントをして欲しいとお願いしてきました。

 

捨てる神あれば拾う神あり!

 

と意気揚々、出かける昌子

 

真希の彼氏の日山一(ひやま はじめ)と一緒に

頑張ってアシスタントをするが、

 

昌子は気持ちが空回り-

 

そこはかとない疎外感…

押し寄せる焦燥感…

 

なぜだろう なぜかしら

 

いいなぁ 真希は

才能あって 収入あって やりがいあって、道も決まって

 

…なんてぐるぐる考えていたら

とんでもないミスをしてしまう。

 

落ち込んだ私を慰められるのは、剛司しかいない!

 

慰めてもらいに、昌子の足は彼のアパートに。

 

しかしそこで昌子が見たものは-!

>>続きはこちらから

「私がいてもいなくても」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

私がいてもいなくてもの感想

むかし、JRAのCMで有名になった

小田和正さんの名曲で「19の頃」という歌があります。

 

その歌の中では19の頃を遠く輝かしい世界に

あこがれを抱いていた時期だったと歌ってました。

(懐かしいですねぇ)

 

しかし本作の主人公は 迷走まっしぐら

仕事も、家族も、そして心の拠り所だった彼氏ですら、

自分を特別だと思っていなかった。

 

居場所がないことの辛さが、淡々と描かれている第1話

それでも前向きな昌子ちゃんにはガンバレ! と

ついエールを送りたくなってしまいます。

 

自分は必要とされているのか、自分の生きる意味はなんだろうと

悩む人の処方箋「私がいてもいなくても」

元気になれること請け合いの漫画です。ぜひお試しあれ!

「私がいてもいなくても」 と入力し検索(´ε` )