デリヘル待機室の女たちのあらすじ(ネタバレ)と感想【試し読み無料】

デリヘル待機室の女たち ネタバレあらすじ

 

平凡な主婦だった女が

一時間前に写真をとられ

「かおる」という源氏名で登録されて―

 

夫を亡くし、生活苦でデリヘルに務めることになった

2児の母を描くタイトル作をはじめ

 

美魔女と呼ばれ続けたくて、整形を繰り返す女のお話

「キレイになりたい」など現代の女性が抱える

闇と欲望の世界を実体験をもとに漫画化した短編集

 

あなたの周りの人はダイジョウブですか?

 

デリヘル待機室の女たちのあらすじを紹介していきます!

デリヘル待機室の女たちのあらすじ・ネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「デリヘル待機室の女たち」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

杉田葉子(すぎた ようこ 37歳)は、

つい最近まではどこにでもいる普通の主婦

 

しかし、先日夫の雅史(まさし)が過労で急死してしまい

一気に生活苦に―

 

小学生6年生の娘 結花(ゆか)は来年中学に進学するし

弟のみのるも小学3年生とまだまだ学費のかかる一方。

 

普通のパートではまかないきれない―

それに加えて夫の借金も返さなくては―

 

そこで葉子が選んだのがデリヘルでした。

 

「いくらお金が必要でも

性風俗のしごとなんて女として最低だと思ってたのに」

 

デリヘルの仕事にためらいと罪悪感を感じる葉子

 

待機室で、同僚のまゆみやルビーと打ち解けても

 

一番の古株のエリ

 

「あんたみたいな「奥さん」だった人が

簡単に稼げるほど甘い仕事じゃないわよ」

 

と言われて、グサリと胸に刺さります。

 

デリヘルは出来高制

指名がもらえなければ1銭も入ってこないシビアな世界。

 

全然指名が入らない葉子は、どんどん焦っていきます。

 

「私―こんなところで何してるんだろう…」

 

なんだかんだで指名が入った葉子だったが

その後思わぬ事態に―

>>続きはこちらから

「デリヘル待機室の女たち」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

デリヘル待機室の女たちを読んだ感想

待機室とのピリピリした感じと、

子供達の前で嘘をついて母親を演じる場面。

微妙なバランスが求められる綱渡りに

こっちもハラハラものでした。

「デリヘル待機室の女たち」 と入力し検索(´ε` )