百鬼夜行抄のネタバレと感想!最新刊もチェック!【試し読み無料】

百鬼夜行抄

 

「百鬼夜行抄」…(ひゃっきやこうしょう)と読むのですが、
このなかなかインパクトのあるタイトルに惹かれ、コミックを読んでみました。

あ、ジャンルはホラーです。

でも「おー怖っ!」っていう感じの作品ではないのでご安心を…笑

 

物語としては、主人公の律(りつ)が、祖父の血を引き継いで妖魔が見える体質で、
4歳の時に祖父を亡くしてしまうのですが、

祖父はその時1匹の妖魔、青嵐 (あおあらし)と出会います。

青嵐から『見逃してやるから私の跡取りの律を一生守り抜け』

という約束を交わして以来、律の身の回りの妖魔を退治しています。

 

一言で言うと守護霊的なイメージなのかな?

いやいや、そんな単純なお話ではありません!

では、その内容についてネタバレや最新情報も含めチェックしていきましょう。

 

百鬼夜行抄のネタバレ

※ここからはネタバレを含みます。

先に内容を見たいという方は↓から無料で試し読みができます。

サイト内検索窓に「百鬼夜行抄」と入力し検索してください。

↓ ↓ ↓ ↓

>>「百鬼夜行抄」を無料で立ち読み

 

主人公の律が4歳時に小説家だった祖父が亡くなった。

祖父の葬儀も終わって初七日の日に、7人の客人が家に来て、
精進落としという会を家でするというので、夜、蔵に一人ぼっちにされてしまう。

律が蔵の窓から外に出ると、家には7人の客人が来ると言っていたが、

どう見ても人間ではない7人の客が来ていた。

その中で、唯一律に話しかけてきた青嵐。

律は他の客人が

「腹が減ったから家の中の者を食べてしまおう」

と言うのを聞いてしまう。

それを救ってくれたのは、青嵐。

祖父は、昔8体の妖魔を呼び出し、自分の所妙と引き換えに8匹を操り、
邪魔になったが野に放つわけにもいかず、青嵐と契約を結んで、
家の者を助けてくれるようにしていた。

 

それから数年後…

ある日、従兄弟である司(つかさ)が律の家に遊びに来ることに。

司は背中に大きなあざがあり、それを気にしていたのだが、
それは妖魔が憑依してついたアザだった。

司にバレないように、青嵐と律が力を使ってアザについた妖魔を退治するが、

律はまだ自分の力がうまくコントロールできず・・・

 

百鬼夜行抄の感想

内容的にはとてもおどろおどろしい感じの話ではありますが、

話がよく練られており、ただ怖いだけな昔話風の話ではありません。

そこが面白いところですよね。

さらに絵のレベルが高く、背景までもがきれいな日本画を見ているようで、
漫画を読んでいるという感覚よりも、芸術作品を見ているかのような感覚になっちゃいます。

律が実は男の子だったというのは衝撃でしたが、
イケメンに成長してたし、これからの青嵐との関係がどうなっていくのか…

ん~なんとも続きが気になる話です!

 

百鬼夜行抄の最新刊は?

百鬼夜行抄は1995年に連載を開始しており、

2016年3月現在で単行本24巻・文庫本12巻まで発売されています。

次巻(25巻)の発売の発売日は未定ですが、
現在も朝日新聞出版が2013年4月に創刊した

漫画雑誌「ネムキプラス」にて、連載が続いています。

約20年間も連載が続いたのは、漫画大賞などを受賞しているからでしょう。

これからもと殻強い画風と、練り上げられたストーリーで
読者を楽しませてくれることに期待です!

↓ ↓ ↓ ↓

>>「百鬼夜行抄」を無料で立ち読み

↑サイト内検索窓に「百鬼夜行抄」と入力し検索してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です