日々蝶々のネタバレ(あらすじ)と感想!【試し読み無料】

日々蝶々 ネタバレあらすじ

 

超絶美少女の主人公・柴石 すいれん(しばぜき すいれん)

かわいすぎて、小学校では男子にイジメられまくり、

男子が怖くなって女子中学校に入ったら、
百合的な意味で、女子も怖いのだということが分かります…。

 

ちょっと話したり、笑っただけも周りがきゃーきゃー言うため、
すいれんちゃんはどんどん口数も表情も減っていってしまいました…。

 

そんな、ほぼ無口・ほぼ無表情の超絶美少女の、はじめての恋です!!

『日々蝶々』のネタバレ(あらすじ)!

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「日々蝶々」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

新入生のすいれんは、周りに野次馬が群がるほどの美少女。

本当にめちゃくちゃカワイイので、
高嶺の花すぎて、男子から「高嶺ちゃん」というあだ名をつけられてしまいます。

 

誰もが振り返って赤くなり、デレデレしながら見てくる中、
まったく興味を示さない男の子がいました。

 

すいれんは、自分のことを唯一「見ていない」

川澄(かわすみ)君のことを、つい目で追うようになるのです。

 

ある日・・・
下校時に先輩が無理やり家まで送ろうとして、

すいれんのバッグを奪いとってしまいます。

 

「先輩 かばん返してやって下さい」

 

そう言って、川澄君が後ろから急に先輩の肩をつかむと、

先輩はびびって、持っていたすいれんのバッグを落としてしまうのです。

バッグの中身を黙々と拾う川澄君の背中を、
先輩は逆ギレして踏みつけてきます!

川澄君は少しだけ怒った様子で、先輩へ向けて空手の上段蹴り!

…と思いきや、顔の横で寸止めしてあげます。

 

怖くて泡を吹いてしまった先輩は、一目散に逃げていきました。
ペコー、と深く頭を下げるすいれん。

川澄君はやっぱり目を合わせず、そのまま立ち去ってしまうのでした。

 

後日、お昼休みに屋上に行くと、
すいれんは、校舎の裏で川澄君が先輩にからまれているのを見つけます。

すいれんのバッグを取った先輩が、川澄君に報復しようとしているのです!

急いで現場に行くと、川澄君はもう、先輩を返り討ちにしていました。

 

すいれんは、教室に戻ろうとする川澄君の制服の裾をつかみ、
川澄君ににこり、と微笑みかけます。

 

〝入学して一か月 川澄くんを見るとなんだか安らいだ″

 

すいれんは、他の男の子とは違う川澄君が気になりはじめていたのです。

 

「すいれんは男子とは全く話さない、笑わない」という噂が流れ出した頃、
高校で海に遠足へ行くことになります。

 

川澄君のチームはビーチバレーで着々と勝利し、優勝しそうな勢い。

すいれんのチームはすぐ負けてしまって、近くで観戦中です。
ある試合で、すいれんにバレーの流れ弾が当たってしまい、

 

すいれんからボールを受け取ろうと、
またもわらわらと男子たちが集まってきます…。

お昼はバーベキューです。

お昼休みに砂浜でロードワークをする真面目な川澄君。

 

コースの途中に偶然すいれんが座っていました。

「ぶつけた所 痛むっすか?」

すいれんが首をフリフリすると、川澄君はそのまま去ろうとします。

すいれんはいつも、去っていく川澄君の背中ばかり見ていて、
思わず、「川澄くん」と、名前を呼ぶのです。

「…はい?…」

川澄君はまた黙ってしまうすいれんを疑問に思いますが、
また去っていこうとします。

 

〝こっちふりむいてほしい″

 

そう思ってすいれんは、海に入ってなぜか水をばしゃばしゃ…
そして、勢いあまってころんでしまいます。

 

気付いた川澄君は、すいれんを助け起こそうとしてくれるのですが、
恥ずかしくて、すぐ手をひっこめてしまうのです。

その間に一人で立ち上がるすいれん。
しばらく二人ならんで、黙って海を見ました。

 

〝同じ物を見てる横顔は好き″

 

そう思った時、すいれんは、
自分が川澄君のことを好きになっていたのだと気づくのでした…。

>>続きはこちらから

「日々蝶々」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

『日々蝶々』を読んだ感想!

硬派すぎるメガネ男子、川澄くんがホントにカッコかわいいです!!

そして、すいれんちゃんが本当にカワイイ!
顔がカワイイのは当然なんですが、
コミュニケーションが下手すぎて、天然なかんじが、
ほっこりさせられます!!

無口VS無口の恋愛なので、じわじわじわじわ恋が進んでいきますし、
かと思いきや、お互いコミュニケーションが下手すぎて、

突拍子もない、思わぬ進展を見せてくれたりして、
なんというか、親のような、親戚のような、

そんな気持ちで読んじゃうマンガですね!!

もちろん、きゅんきゅんポイントも満載ですよ!!

「日々蝶々」 と入力し検索(´ε` )