あかりとシロの心霊夜話1巻のあらすじと感想!【試し読み無料】

あかりとシロの心霊夜話

サスペンス・ミステリー漫画 あかりとシロの心霊夜話

「お姑さまといわれても」の西尚美先生が描く
今回の新作はなんと!ミステリーです。

日常の生活の中で主人公に巻き起こる心霊現象を題材にしている
とっても怖~い、けど少し泣けたりもする漫画となっています。

 

こんなこと実際に起こったりするのかな~?

でも、あったら、これはさすがに怖すぎるっ!!

 

なんて思いながら、主人公に自分を重ねて読んでみても
おもしろいのかな~?と思います。(笑)

 

それでは、これから気になるストーリーのあらすじを紹介していきます♪

 

 

あかりとシロの心霊夜話1巻のあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「あかりとシロ」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

小説奇談、編集部で働く瀬尾(せお)あかり
入院した担当編集者の代わりに小説家である暮林(くればやし)の担当になります。

暮林は師匠の娘と大恋愛の末、結婚しており、
今でも愛妻家として有名でした。

 

そんな暮林の担当を始めたあかりでしたが……

 

あかりは自宅の近くで白い野良猫にシロと名前を付け、
餌をあげ、かわいがっていましたが、

アパートの大家に見つかると部屋を追い出されるため、
自分の家で飼うことができないでいました。

 

ある日を境にあかりはおかしな夢を見るようになります。

 

それは日を追うごとにあかりを苦しめていきます。

 

あかりが悪夢に苦しんでいると必ず
シロが窓の外から鳴いて起こしてくれていたのですが…..

そんな生活が続く中、

悪夢は徐々に、そして確実にあかりを苦しめ始めていました。

 

夜自宅で眠るときだけではなく、仕事帰りの買い物中にも!!

それは、はっきりとした女性の姿で現れるようになっていきました。

 

その女性の正体は、なんと!暮林の妻だったのです!!!

 

そんなこんなで、編集部で働くあかりの生活は
ひょんなことからガラッと変わってしまいます。

 

あかりは、この悪夢から解放されるのでしょうか?

>>続きはこちらから

「あかりとシロ」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

あかりとシロの心霊夜話1巻を読んだ感想

心霊を題材としたコミックはあまり読んだことがありませんでしたが、
とてもすんなりとお話にのめりこむことができました。

 

タイトルにもあるようにあかりとシロをメインとして、
様々な心霊現象が起き、2人(?1人と1匹??)が
それに翻弄されていくお話になっています!笑

 

ただ怖いというだけでなく、そこにはそれぞれの人間の思惑、
考え、思いがあり、とてもおもしろい、そして、
時にはほろりっと涙したりもする内容となっています。

オカルトものが苦手な人でも楽しめるのでないかな~?と思います!!

 

1巻を読んだだけですが、とても話が面白く
次巻の内容も気になるとてもすてきな作品だと思います。

 

この作品はとても人間の思いが錯綜していて、
怖かったり、せつなかったりと、

単純なホラー・サスペンスものというだけでないと思うので、

ぜひ気になった方は手にとっていただき、読んでいただければと思います。

「あかりとシロ」 と入力し検索(´ε` )