午前3時の無法地帯(漫画)のあらすじとネタバレ!感想あり

午前3時の無法地帯 あらすじ

こんな会社、本当にあるの…?

 

労働基準法ってナニ?ってくらいどブラックな、
名ばかりの「デザイン事務所」。

絶対働きたくはない!と思いつつ、
なんだか楽しそうな会社の人たちに、
ちょっと憧れちゃうのは何故でしょうか…?!

やっぱり会社は「ヒト」ですよね!「ヒト」!
おいしいお菓子。楽しいコイバナ。

 

給湯室でのシャンプー。会社におとまり●泊目!
あなたはこんな会社で働き…たくないですよね…(笑)

『午前3時の無法地帯』(漫画)のあらすじとネタバレ!

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「午前3時」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

この春、デザインの専門学校を卒業した
主人公・七瀬 ももこ(ななせ ももこ)

 

イラストレーターを夢見て就職したデザイン事務所は、
タバコの煙が充満し、変態がうろつき、

午前3時にスタッフ全員が絶賛稼働中の、
夢とはかけ離れた、パチンコ専門のデザイン事務所でした。

 

入社から一か月。

会社から近い彼氏の家に、ただ寝に行くだけの生活に、

 

「俺じゃなくてベッドに会いに来てんじゃん」

 

彼氏に言われてしまい、
会社を辞めたいと感じていました。

しかし、同期の女の子が先に会社を辞めてしまったため、

余計に忙しくなってしまいます。

 

「これが終わったら私だって辞めてやるー!!」

 

夜通しやっても、全然終わらない仕事…。

とうとう、ももこは「はじめてのおとまり」を経験してまったのです。

 

ある日。

「今日」が締切の発注書が、
誰にも割り当てられていないことが発覚します。

会社には他にイラストが描ける人がいなかったため、
ももこが中心にキャラクターを描き、
会社の人たちが力を合わせてなんとか仕上げるのです。

 

「救世主だよ ももちゃん」

上司である堂本(どうもと)さんの言葉に、
ももこはほんのちょっとだけ、やりがいを感じました。

 

仕事の合間に彼氏の家に行くと、
彼氏の浮気現場を見てしまいます。

ももこは冷めた様子で「しょーがない」と思いました。

終電は過ぎているし、職場に帰ると、

「今日のPOP お客さん気に入ってたぞー ありがとなー」

いつもキレている営業の輪嶋(わじま)さんが、
追加のイラストの発注書を渡してきました。

 

スキあらば渡そうと、退職届を書いておいたももこでしたが、

ちょっとだけ嬉しくなって、
「とりあえずこれが終わったら」と、次の仕事にとりかかるのです。

 

退職届が出されないまま、また一か月が経過しました。

ももこは辞めたいと思いつつも、2か月もすれば慣れてきて、
お菓子を持ち込んだり、それなりに居心地がよくなってきます。

 

しかしももこは、
慣れからくる気の緩みと寝不足で、ミスをしてしまうのです。

ミス自体は小さいものでしたが、完成してから気付いたため、
もう一度ラミネートしなければなりませんでした。

ももこはラミネーターを使ったことがない上、
他のスタッフは帰宅してしまった後…。

焦るももこを、テナントビルの同じ階で働く多賀谷(たがや)さんが、
手伝ってくれたのです!

なんとかラミネートが出来上がった後、
多賀谷さんは自分の事務所に帰ろうとしますが、

オートロックの事務所の鍵を持ってきていないことに気づきます。

 

「うちに泊まってって下さい!」

 

ももこはお礼にと、「職場に」泊まっていくことを勧めるのです。

「…じゃあ お言葉に甘えようかな…」

妙に一生懸命に言うももこに負けて、多賀谷さんはそう言いました。

ももこが細かい仕事を終えて、ふと職場のベッドを見ると、
多賀谷さんが気持ちよさそうに寝ていました。

 

〝魔が差した、としか言いようがない
何故 そんな気になったのか 自分でも説明できない″

 

ももこは多賀谷さんが眠る毛布に一緒に入り、
久しぶりの安眠を得たのでした…。

『午前3時の無法地帯』(漫画)の感想

ねむようこ先生って、「なんかオシャレ」っていうマンガが結構多いんですが、
そのねむ先生の初の単行本が、この『午前3時の無法地帯』です。

学生時代に同級生と付き合って、どっちかが先に社会人になり、
どっちかが学校に残る、っていう関係って、

だいたい別れちゃいますよね…。

同じような夢を持っていたらなおさらです。
でも、ももこはこの後、多賀谷さんといい感じになります。

この多賀谷さんが、くまさんみたいな優しそうな感じなのに、
なんかヤリ手というか!大人というか!子供というか!!

とにかくももこがどんどん惹かれていくくらい、カッコ良くて、癒し系です。

 

そして、多賀谷さんがいるから、ももこは仕事を辞めません。

多賀谷さんだけじゃなく、ちょっとずつ仕事に「楽しい」を見つけて、

結局全然辞めません。

 

ここまで楽しい職場で、しかも好きな人が近くにいたら、
労働基準法なんて関係ないのかな、とさえ思わせてくれますよ(笑)

「午前3時」 と入力し検索(´ε` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です