監獄学園(プリズンスクール)のネタバレと感想!【試し読み無料】

監獄学園

 

監獄学園は、週刊ヤングマガジンに2012年から掲載されている
平本アキラ作の漫画で、2015年にはアニメ化・TVドラマ化されている人気の作品です。

 

ストーリーは主人公の藤野キヨシが昨年度まで
女子高だった私立八光学園へ入学したところから始まるわけですが…

八光学園はずっと女子高だったのが、共学になって1年目のせいか、

なんと女子1000人に対して、男子はたったの5人!

さらに、なぜか男子たちは女子に嫌われていて・・・?

 

何で男子は女子に嫌われてるのでしょう?

男子がイケメンじゃないから?それとも・・・?

それでは、監獄学園のネタバレと感想をどうぞ。

 

監獄学園のストーリーをちょっとだけネタバレ

※ここからはネタバレを含みます。

先に内容を見たいという方は↓から無料で試し読みができます。

サイト内検索窓に「監獄学園」と入力し検索してください。

↓ ↓ ↓ ↓

>>「監獄学園」を無料で立ち読み

 

全寮制の八光学園は、昨年まで女子高だったのが、

理事長が変わったことから、2011年4月から、

女子1000人とたった5人男子という共学スタイルに変更。

 

主人公はキヨシ。はっきり言って、この状況にかなり戸惑ってる。

他の男子は、シンゴ・ガクト・ジョー・アンドレの4人。

 

5人は入学前、女子と仲良く出来ると期待していたけど、なぜか女子は男子と話そうともしない。キヨシが必死に話しかけても、話も聞いてくれない。

女子のところには『カラスがいるところでは男子と話してはいけない』というプリントが裏生徒会から配られているようで、この学園で生きていきたいなら、と思って誰も男子と話そうともしない。

 

そんなことがあって、ある日、キヨシが授業中に母に無理やり持たされた、相撲取りの絵が入った消しゴムを落としてしまって、同じクラスの千代に拾ってもらう。

 

変な消しゴムを見られて、益々嫌われてしまったと思っていたキヨシだったが、

意外にも千代は相撲が好きで、放課後、千代と相撲話(キヨシの話は全部母の受け売りで盛り上がって今度二人で学生相撲を見に行ってと言われ・・・

 

監獄学園を読んだ感想

絵がとっても力強いです。

人物の表情や、しぐさがすごくリアルに描かれている作品ですね。

漫画なのに、主人公の心の描写までしっかり描かれていて、
活字を読むことも味わえるので、絵と字両方で楽しめるので、非常に読みごたえもあります。

 

女子1000人に対して男子5人はハーレム状態?それとも監獄状態?

一緒に相撲を見に行こうと誘ってくれた千代との関係は?

そして、他の男子にも変化はあるのか??

さらに裏生徒会とはいったいどんな存在なのか。共学にした理事長の意図は?

などなど…気になることの多い作品です。

 

ヤングマガジン掲載の作品ではありますが、男子だけではなく
女子が読んでも面白い作品だと思うので、是非読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓

>>「監獄学園」を無料で立ち読み

↑サイト内検索窓に「監獄学園」と入力し検索してください。