とりかえ・ばやのネタバレ(あらすじ)や感想!最新刊もチェック!

とりかえ・ばや ネタバレ

この作品の舞台は平安時代。

原作は古典文学です。

なんとなく古典というと難しく感じられますが
この作品は難しくはなく、読みやすくなっていて
古典の勉強にもなります。

絵も繊細でとても綺麗なのですんなり入り込んで読めると思います。

タイトルの「とりかえ・ばや」とは
「取り替えたい」という意味なのですが、

どういった内容になっているのかタイトルだけでは
わからないので早速紹介していきたいと思います。

とりかえ・ばやのあらすじとネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「とりかえ・ばや」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

1人の男が

「とりかえ”たや”のぉ…」(たや=ばや)

とつぶやきました。

その男の名前は藤原丸光(ふじわらのまるみつ)と言い
権大納言の近衛大将という超上級貴族です。

丸光は大きな邸宅を持っていて

そこには
「東の上」と呼ばれる東の対屋に住む奥方と

「西の上」と呼ばれる西の対屋に住む奥方の2人が住んでいました。

その2人の奥方が同時に子どもが産まれ

西の奥方の子どもとして生まれてきたのは姫君で

その庭の沙羅双樹にちなんで「沙羅双樹の姫君」と呼ばれ…

 

東の奥方の子どもとして生まれてきた若君は

池に美しく咲いていた睡蓮にちなんで「睡蓮の若君」と呼ばれました。

2人の子どもは双子ではないのにとても似ていて
前世からの強い絆がなるに違いないと父親は大喜びでした。

沙羅双樹の姫と睡蓮の若はそっくりに育っていきました。

 

そして6年後…

姫君は庭で弓ですももを狙うという遊びをしていました。

そして今度はその矢が刺さっている
すももを誰が取ってこれるかの競争をしていた時

父親に見つかってしまい怒られてしまいます。

「なぜあなたは女らしく出来ないのだ?

あなたがああだから、

皆いつの間にかあなたの方を
若君と思い込んでしまっているではないか」

しかし姫は

「女の遊びはおもしろうない」

「外で男童(をのわらは)ととびまわっているのがすきなのです」

とやめる気はないようでした。
会う人会う人皆に、疑うことなく沙羅双樹の若君として認識されていたので
今更、本当の若君が東の対屋にいるとは誰も思っていませんでした。

そして睡蓮の若君は男の人を怖がり…
まるで姫君のように育っていました。

 

そんな2人の事を「何かの呪いか?報いなのか?」
と心配した父親はその悪い縁を祓おうと2人に鞍馬詣(くらままいり)をさせます。

 

姫は女らしく…

若君は男らしくなりますようにと願いを込めて…

しかし、鞍馬山に行く途中に天狗の集団に襲われ
2人の輿(人を乗せ人力で持ち上げて運ぶ乗り物)ごとさらわれてしまい…

とりかえ・ばやの最新刊は?

とりかえ・ばやの単行本最新巻は現段階で

2016年5月10日(火)発売の9巻になります。

最新巻が発売されるペースは約半年くらいなので
10巻の発売は11~12月くらいでしょうか!?

とりかえ・ばやが連載されている
月刊flowers(フラワーズ)毎月28日頃発売しています。

最新話が気になる方は月刊誌もチェックしてみてください!

とりかえ・ばやのネタバレを読んでみた感想

平安時代の物語は個人的に大好きなので読んでいてとても楽しかったです。
次から次へとページをめくっていました。

沙羅は女の子なのに男っぽくて
睡蓮は男の子なのに女っぽくて
お互いがお互いなら何もかもうまくいくのに…

そんな気持ちを持って成長していく2人に
なんだか切なくなってしまいました。

これから色々な感情、葛藤が待っているのですが
そこもまた見応えがある作品だと思うので気になった方は是非読んでみてください。

「とりかえ・ばや」 と入力し検索(´ε` )