セフレの品格-プライド-のネタバレ(あらすじ)と感想!試し読み無料

セフレの品格 あらすじ

湊よりこさんの作品で今9巻まで発売されています。

今までにセフレの話を物語にした漫画はなかったような気がします。

そんなこともあってか、内容も気になったので手にしてみました。

 

主人公の抄子(しょうこ)は36歳バツ2。

北田一樹(きただかずき)バツ1産婦人科医。

3時間前に高校の同窓会で
再会し、良い雰囲気になり2人で抜け出しホテルへ…

2人が体の関係を持ちはじめるところから物語は始まります。

 

一樹は抄子にセフレになってほしいと誘うのですが、
果たしてセフレという割りきった関係を続けていくことができるのでしょうか?

それでは早速内容を紹介していきます。

セフレの品格-プライド-のネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「セフレの品格」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

18歳まで東京で育った抄子は20歳の時に地方の男と結婚したが離婚。

 

28歳の時に娘を連れての再婚でしたが離婚し
35歳の時に東京にある実家に抄子戻ってきました。

 

そして36歳のある日高校の同窓会に参加したのです。

そこで華江(はなえ)と再会します。

華江は同じ36歳とは思えないほど綺麗で
抄子は田舎くさい自分と比べてしまいます。

 

そこに一樹が急患が入ったと遅れてやって来ます…
抄子は声をかけようとしますが
自分のことは覚えていないだろうと話すことを諦めてしまいます。

 

そうしていると何人かに

「噂で聞いたけどバツ2なんだって?」

などと噂のネタにされてしまいます。

そんな時に一樹から

「離婚なんてよくあることだろ。俺だってバツ1だし
抄子良かったら俺と遊ばない?」

と恥をかかかないようフォローしてくれました。

そして華江も抄子をフォローします。

 

そんな2人の行為を嬉しく思い
勇気を出して同窓会に来てよかったとお酒も進む抄子。

酔っ払って気分が悪くなってしまった抄子に
一樹から二次会はどうするのか聞かれ

 

抄子は二次会に行かずに帰ろうとしますが

「みんなには毎年会ってるけど抄子とは
久しぶりだからよっぽどこっちのほうが面白い」

「ホテルに行こう」

と一樹に誘われます。

 

さっき会ったばかりでそんなこと言う
一樹を信じられない抄子でしたが

もう4年もしてないしこのチャンスを逃したら…

と思い一緒にホテルへ行き体の関係を持ちます。

しかし、一樹は割りきった関係をしたいと抄子に持ちかけ
やりたくなったら連絡してと名刺を渡します。

 

抄子はそんな女をばかにするような関係にはなれない
と断りホテルの部屋を出ました。

 

次の日…

会社に出社した抄子は昨日の一樹との行為を思い出してしまいます。

 

セフレという関係・・・

刺激的かもしれないと思い始める抄子。
でもその裏では虚しい関係というのもわかっていて…

 

トイレに入りなにげなく足を見てみると湿疹ができていて

一樹が色んな女性とたくさん関係を持っているから病気を移されたんだ…

そう思った抄子は一樹に連絡を取ります

 

その夜一樹が会社帰りの抄子を車で待っていて

「自分は病気なんて持ってないから
抄子から移っていたら困る」

と自分のクリニックで診察をします。

結果、病気にはかかっていませんでしたが
そのままの流れでまたも一樹と関係を持ってしまいます…

そしてまたセフレにならないかと誘われます…

 

そこで抄子は「一樹は初恋の人だから…」と断ります。

一樹は自分が初恋の相手だと知ると
割りきった関係が出来ないと知り別れます。

 

場面は友達の華江の家…

華江と一樹がキスをしています。

実は華江と一樹も関係を持っていたのです。
そこへ華江から招待されていた抄子が到着…

>>続きはこちらから

「セフレの品格」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

セフレの品格-プライド-を読んでみての感想

セフレなんて…と引っかかりながらも読んでみると
そんな簡単な話ではないようでした。

これは大人の恋愛ストーリーというカテゴリですね。

割りきった関係をずっと拒んでいる抄子ですが
今後、一樹との関係は発展していくのでしょうか?

抄子は母親でもあるし、大人だからこそ
いろんな悩みも抱えているのではないかと色々考えますよね…

華江、一樹、そして抄子…

それぞれの関係が今後どうなっていくのかが非常に気になりました。

「セフレの品格-プライド-」 と入力し検索(´ε` )