マイルノビッチのあらすじは?ネタバレと感想まとめ【試し読み無料】

まいるのマイルノビッチ あらすじ

 

マイルノビッチは、佐藤ざくりの作品です。
2016年現在、12巻まで出ており完結しています。

 

主人公は、木下まいる・16歳の女の子

まいるは、昔から地味でブスだったので男の子たちは気持ち悪がるか、
スルーして行ったのでした。

さらに、まいるは“毒キノコ”というあだ名までつけられていて、
ばい菌扱いされていたのです。

家では兄にもブス呼ばわりされる始末。

そんな、まいるがある出来事をきっかけにきれいに変身します。
ドブスから美人になったまいるのシンデレラストーリーです。

 

マイルノビッチのネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「マイルノビッチ」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

まいるは、自他共に認めるブスでしたが、
ある日靴箱に手紙が入っていました。

行ってみると、男の子がいていきなり告白されます。

まいるの外見ではなく中身を好きになったと言う男の子に感激するまいる。

 

メアド交換したいから、赤外線通信しようと言われ
近づくと落とし穴に落ちてしまいます。

男の子は落とし穴にまいるを落とせるか、友達と賭けをしていたのでした。

 

悔しくて、泣き叫ぶまいるのところに、
学校1のイケメン熊田天佑(くまだてんゆう)が来て、

『ブスを言い訳に使うな。

文句があるならキレイになる努力をしてから言え!』

 

と言われてしまいます。

『私生まれ変わる!』と宣言したまいるは、
幼馴染でお隣さんのキレイなニューハーフのふわりちゃんの所へ行き、

一生のお願いがあります!!と頭を下げます。

 

翌日、ふわりちゃんの手によって綺麗になったまいるは、
昨日自分に告白してきた男の子を呼び出して、復讐するのでした。

「マイルノビッチ」と入力し検索!

>>続きはこちらから

 

マイルノビッチの感想まとめ

この作品は、ストーリー的にも面白いし、ギャグ的要素も面白い、
笑いのツボをしっかり押さえてる作品だなぁ、と思います。

そして、美人になれて良かったね、というのが率直な感想です。

 

私も、名前が可愛いのに名前負けしているところがあって
まいるが名前が可愛くてごめんなさいと謝るところ、かなり共感してしまいました。

ふわりちゃんのような強力な助っ人が自分にもいたらいいなと思ってしまいました。

 

しかし、一晩で美人になって、あっさり復讐を終えたまいるちゃんが
次に目指すものは何ですかね?

そして、色々と手助けしてくれる熊田との関係は?

何で熊田はまいるに優しくしてくれる?

続きが気になります。

 

ネットでの評価も見てみましたが、はまってる人が多いみたいです。

女の子なら誰でも憧れるようなサクセスストーリーで、さらにギャグセンスも抜群!!

そして、熊田がかっこいいし、、恋の話もあり、きゅんきゅんしますよ。

是非1度試し読みしてみてください^^

「マイルノビッチ」 と入力し検索(´ε` )