先生の白い嘘1巻のネタバレとあらすじ!感想あり【試し読み無料】

先生の白い嘘 あらすじ・ネタバレ

 

鳥飼茜(とりかいあかね)による、
「月刊モーニング・ツー」にて連載されている漫画作品。

「このマンガを読め!2015」では、第8位に輝いた作品。

24歳の高校教師、原美鈴を通して、
レイプを題材とした男女間の性の不平等さを描いた作品。

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「先生の白い嘘」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

先生の白い嘘1巻のネタバレ(あらすじ)

主人公、原 美鈴(はらみすず)は、
人間を二つに分けたとして、必ずどちらかが取り分が多いと日々感じている。

そして、私はいつも取り分が少ない方にいる気がする…。

いつものように、友達の美奈子(みなこ)と飲む約束をしていた美鈴。

「10分遅れる」と、メールをしてきてから
もう美奈子は25分も遅刻している。

そして、なんとその場に彼氏の早藤(はやふじ)も連れてきた。

 

早藤は、四年前に無理やり美鈴の処女を奪った男で、
今も美奈子には言えない関係になっている相手である。

 

「あたし達、ケッコンするの。」

 

親友の美鈴には相談しなきゃ、と思っていたという美奈子。
私たちって親友だったの?と、微かな違和感を覚えながら、
曖昧な苦笑いでやり過ごす。

 

月曜日、美鈴はいつも通り、学校の教師として学校に行く。

ミドリカワツバキ」と、その彼氏の和田島(わだじま)。

緑川椿は顔もスタイルも群を抜いて、目立つレベルで、
学校内においてトップオブヒエラルキー。

 

美鈴はいまだにこのようなタイプの人間は苦手で、いつも思わず避けてしまう…。

ギャル、オタク、ガリ勉、ヤンキー。
生徒たちを見ると、生徒間でのヒエラルキーを毎日ひしひしと感じるが、
もう教師の立場である自分には関係のないことである。

美鈴は「せんせい」であり、彼らと同じ土俵で立ち、
位置を奪い合い必要もない。

彼らが比較しあって優劣をつけて、
一喜一憂する姿をただ眺めていればそれでいい。

 

美鈴を変えた4年前の事件。

強く感じる、男と女の間にある、絶対的な不平等さ。

女子生徒、教師仲間、友達の彼氏…

爆弾のような問題を抱えるそれぞれが、不気味な不協和音を奏でる――。

>>続きはこちらから

「先生の白い嘘」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

先生の白い嘘1巻を読んだ感想

目を引く鮮やかな表紙が、印象的な作品ですね。
丁寧な絵柄でとても読みやすく、大胆なコマ割りにはハッとさせられます。

女と男の生々しい性に対する思い、考え、
欲望が新鮮な切り口で描かれており、面白いです。

一見どこにでもいそうな平凡な風貌の人でも、
心の内に何を抱えているのかは、誰にもわからないですよね。

見てはいけないものを見てしまったような、
秘密を覗いてしまったような内容に、なんだかハラハラします。

 

気になった方はぜひ試し読みしてみてください!

「先生の白い嘘」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<