明治メランコリアのネタバレとあらすじ!感想あり【試し読み無料】

明治メランコリア あらすじ・ネタバレ

 

若者に大人気の漫画家、リカチによる、明治が舞台のロマンチック物語!

前作「明治緋色綺譚(めいじひいろきたん)」の年の差ラブに、
ドキドキした方も少なくないのではないでしょうか。

 

一途に津軽を思い続ける少女、鈴の思いが届く日はくる?

二人の緩やかに進む恋の行方を一緒に見守ってみませんか?

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「明治メランコリア」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

明治メランコリアのネタバレ(あらすじ)

前作「明治緋色綺譚」に登場した、鈴と津軽の物語。

明治中期、少女は吉原の遊郭に売られていたが、
縁あって風変わりで道楽者の呉服屋の御曹司・津軽に身請けされる。

繰り返し抱く津軽への感謝。

そして日々積み重なっていく鈴の恋心に気づいてはいるものの、
いつまでも子ども扱いで、なかなか本気でとりあってはくれない津軽。

そんな二人の5年後のお話――「明治メランコリア」。

鈴はもう15歳。津軽に引き取られてから5年、
もう結婚だってできる歳なのに、津軽の子ども扱いはいつまでも変わらない。

ある日、鈴は学校で知らない男の子から恋文をもらう。

津軽に言ってもどうせ興味ないだろうし…

と思った鈴は、津軽の親友である川内子爵に、
差出人も知らない恋文のことを相談してみた。

そして、中身を見てみると、
それは恋文ではなく人探しのお願いのお便りだった。

普段から町の人の手助けをし、「お助け鈴ちゃん」
として有名な鈴だったので、頼まれたというわけだったのだ。

手紙には、男の子に向けた恋文と、
差出人である女性の写真も同封されていた。

でもなんだか顔と体のバランスがちぐはぐでおかしい。

そしてなんと、それは顔だけをすり替えられた
「フォトモンタージュ」というものであることが判明。

幸い、川内子爵がその女性の顔が使われたフォトモンタージュを持っており、
その写真の顔の女性を見つけることができた。

しかし写真は20年も前の顔が使われていたため、
実際の本人は体格もよく年もとっており、写真とは別人!!

そう、男の子はただ友達にいたずらをされただけだったのだ。

男の子にわけを説明するとがっかりしていたが、
熱心に協力してくれた鈴に恋をしてしまった様子。

男の子が鈴の手を握ろうしたそのとき―-

「あーだめだめ。それは許可できないなぁ」

――今の!今のどうゆうこと、どういう意味!?ねぇ津軽!

 

最後はやっぱり津軽に驚かされるし、ドキドキせられる!

さてこれから、15の鈴はどんな運命を描くのでしょうか。

>>続きはこちらから

「明治メランコリア」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

明治メランコリアのネタバレを読んだ感想

お互い想いあう気持ちが強くて、
読んでいてとってもドキドキする作品ですよね。

津軽は絶対鈴ちゃんのことが大好きだと思うのですが、
なかなかじれったい展開が続きます。

はやく鈴ちゃんと津軽の思いのピースが、ぴったり合ってほしいです…!

明治の綺麗な街並みや、鈴ちゃんの着物も毎回可愛いので、
パラパラめくるだけでも楽しめますよ。

中身が気になった方はぜひ!試し読みしてみてはいかがでしょうか?

「明治メランコリア」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<