ヒメゴト~十九歳の制服~のネタバレとあらすじ!感想あり【試し読み無料】

ヒメゴト ネタバレ・あらすじ

 

 

モバMENにて連載された峰浪りょうによる全8巻のコミックス。

異性装や、同性愛、セクシャルマイノリティなど、
現代社会では見過ごすことのできない点を、新鮮な感性で描いている今作。

同じ大学に通う19歳の3人、ヨシキと未果子と佳人。

それぞれが、自分の内に熱く燃える「ヒメゴト」を隠しきれなくなっている…

すべてが明らかになったとき、その先に待ち受けているものは?

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「ヒメゴト」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

ヒメゴト~十九歳の制服~のネタバレ(あらすじ)

この作品の主人公は、同じ大学に通う3人。

 

――「制服のスカートを脱いだら、
これからは何が自分を女の子だと証明してくれるんだろう。」

服装はいつもTシャツにジーンズ、髪も短く、
周りの人にもいつも男の子みたいといわれている、

19歳の櫟原 由樹(いちはらゆき)。

 

しかしそれは、昔からの幼馴染がそういう風に
ふるまってくるからそうなってしまっただけで、

本当はスカートも履きたいし、女の子らしくいたいと思っている。

 

そのため、家では高校の頃の制服のスカートをこっそり履き、
自分を慰めているという状態…。

 

――「私は、これを始めた15歳の時から、

ずっと15歳として体を売ってる。」

 

一方、同じ大学に通い、可愛いと有名な
永尾 未果子(ながおみかこ)は、今時では珍しいほどに純情。

 

しかしそれらは、自らが完璧に作り上げたキャラクター。

夜にはその美しさと童顔を活かし、
セーラー服を着て15歳と偽り、男に春を売っている。

 

自分は15歳であると男を騙すことができ、
そしてその男を見下すことができた瞬間が最高に気持ちがいい。

 

しかし、そんなことも長くは続かない事に、
19歳の未果子自身、気づき始めていた…。

 

そしてある日、由樹は街中で未果子そっくりの格好をする、
同じ大学の学生、カイトを見かける。

 

――「本当に、女の子の可愛さって、残酷なくらい、儚いから…」

 

学校では超美形、優しくてイケメンだと有名な
相葉 佳人(あいばかいと)。

しかし実は女装癖があり、可愛くて憧れの未果子の服と
同じものを買い、着ることが、至福の時となっている。

 

しかし、いつまでも可愛くいたいと思う気持ちとは裏腹に、
体は男性らしいものへと日々着実に変化しており、
女装も似合わなくなってきていた。

 

由樹、未果子、佳人、3人が出会ったとき、
お互いにそれぞれが自分を重ね、共感し、嫉妬し、そして強く執着していく…。

>>続きはこちらから

「ヒメゴト」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

ヒメゴト~十九歳の制服~を読んだ感想

自分では感じたことのない感情や、
向けられる視線などを知ることができるのが、物語の面白いところですよね。

 

3人ともそれぞれ可愛くいたいと思う気持ちは同じですが、
なりたい女の子像が少しづつ違い、

それが叶う子とどうしたって叶わない子…
気持ちの大きさに変わりはないのに、つらいですよね。

 

この物語を読むと、これからはもっと、
女の子でいることを大事にしようって思えるようになります。

男性も女性も、楽しめる作品だと思います。

気になった方はぜひ、読んでみてください!

「ヒメゴト」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<