アイアムアヒーロー(漫画)のネタバレと感想!新刊もチェック!

アイアムアヒーロー ネタバレ

 

アイアムアヒーローは、花沢健吾作で2009年から連載開始。

2016年の現在も連載が続いている漫画です。

ジャンルは、ホラーアクションです。

 

主人公は35歳の鈴木英雄(すずきひでお)
彼は、冴えない漫画家ですが、仕事はなくさらに借金まで抱えていました。

その冴えない漫画家とホラーアクションというジャンルのギャップに
注目しながらも内容を見ていきたいと思います。

 

アイアムヒーローのネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「アイアムアヒーロー」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

鈴木は深夜2時過ぎに自宅に帰ってきました。

自宅のドアには、鍵がいくつもつけられていました。

彼は帰宅後、家に入ると、ベランダやお風呂場、トイレに至るまで、
だれもいないかチェックしてまわりました。

窓には、“防犯装置作動中”等のシールが複数枚貼っています。

冷蔵庫から、タッパに入ったものを電子レンジで加熱し、ご飯の上に掛けて食べる鈴木。

食べる前にうがいをし、髪の毛が邪魔にならないようにピンでとめています。

 

食べながらTVを点けてチャンネルを回しますが、
深夜なので放送を休止している番組が多数でした。

回していくうちに、ニュースを発見します。

その時、誰もいないのに、妄想で“矢島”という人物が出てきて、
矢島と『俺は女子アナが嫌いだ』などと会話します。

 

妄想中、気が付けば、ニュースも終わっていて、
TVを消し、ラジオをつけてはまたニュースを聞きます。

 

ベッドに腰掛けてラジオを聞いていると、
ベッドの下から、妄想の化け物が出現します。

サンドバックに男性の顔写真を貼りつけて、

『貴様が怖い話をするからだ』とサンドバックにパンチする鈴木。

 

時刻が3時をすぎたころ、鈴木はドアスコープから
女が覗いているような感じがして、お経を唱えはじめます。

怖くなって恋人の徹子に電話しようか迷いますが、就寝中だろうと断念。

本で魔方陣を作って、自分なりの魔除けをし、
自分の切り札として、本棚の後ろの金庫の中から散弾銃を取り出します。

彼は散弾銃を構えて言うのです。

 

『アイアムアヒーロー』

 

時刻は4時になってTVでニュースが始まります。

女子アナたちが『おはようございます』と挨拶すると、

彼もTVの前で『おはようございます、おやすみなさい』と挨拶を返すのでした。

>>続きはこちらから

「アイアムアヒーロー」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

アイアムアヒーローの感想

久しぶりにトリッキーな主人公の話を読んだな、というのが正直な感想です。

鈴木は、得体のしれないものに恐怖を感じているようですが、
私からしたら鈴木も十分怖いです。笑

しかし、どこまでが妄想でどこまでが現実なのでしょうか。

続きが気になるところですね。

 

アイアムアヒーローの新刊

2016年4月現在アイアムアヒーローは、20巻まで発売されています。

1巻は鈴木の日常生活が描かれていて、
2巻からは、パンデミックが始まるそうです。

4月23日~大泉洋主演でR15指定ですが映画も公開予定です。

 

気になった方はまず1度試し読みしてみてください。

「アイアムアヒーロー」 と入力し検索(´ε` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です