病んでる女~ビューティージャンキー~のあらすじ・ネタバレ!試し読み無料

ビューティージャンキー あらすじ・ネタバレ

 

 

キレイになりたい…!

 

そんな願望は

女ならみんな持っているもの。

 

しかし、この漫画の主人公は

ひと味違います…!

 

ムックリとした顔に

じとっとした目

鼻は太く大きく、頬にはたくさんのソバカス。

 

「私はなぜこんな顔で 生まれてきたのですか」

 

そう問いかける彼女の壮絶な子供人生

そして、大人になった彼女が見つけた快楽とは…。

 

異常な程に美を追い求める女性の実体験を漫画化した本作

「病んでる女~ビューティージャンキー~」

怖い?気持ちが分かる?

あなたは彼女を見て何を感じますか?

 

そのあらすじをご紹介します。

ネタバレにご注意を!

※先に試し読みをされる方は▼からできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「病んでる女」と入力し検索してください。

病んでる女~ビューティージャンキー~のあらすじ(ネタバレ注意)

 

「人間、顔じゃないというけれど…

私の人生を聞いても そう思いますか?」

 

本作の主人公・森山政美(もりやま まさみ)は顔のことで

小学校の時からいじめの対象でした。

「ブース ブース」

「キモイー」

「バイキンがうつるー」

 

男子女子とわず、彼女のことをからかい

彼女が近くにいると、キャーキャー言いながら

逃げていくのでした…。

 

太い眉毛、睨みつけるかのような目

大きな鼻、への字になった口元…。

 

同級生にからかわれても

何も言い返さない彼女…。

 

しかも、彼女に対するからかいは同級生だけでなく

彼女は教師からも馬鹿にされていたのです。

 

「先生と一緒に発表手伝ってくれる人ー!」

そう、先生がみんなに呼びかけたとき

彼女は、おずおずと恥ずかしそうに手を挙げるのでしたが…

 

「あ…森山さんはいいから 誰かほかの人…?」

そう困りながら、政美を避ける教師

 

彼女はこの時

「教師にも差別されている」

そう感じたのでした。

 

「ただいま」

そんな彼女が心休まるのは家だけ。

 

しかし、その日は来客がありました。

「おばちゃん来てるから 挨拶しなさい」

そう母に言われて

居間にいたおばさんに挨拶をすると

 

「ひさしぶり 政美ちゃん 大きくな…って」

そう、政美に挨拶を返すおばさんでしたが…。

 

彼女のブサイクな顔をみて

「あらあら まあまあ…」

 

おばさんは言葉を失うのでした…。

※続きはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「病んでる女」と入力し検索してください。

病んでる女~ビューティージャンキー~を読んだ感想

男女関わらず

ブサイクでも、明るいやつと暗い奴っていますよね。

 

その違いってなんなんでしょう…?

 

別にブサイクだからって

誰かに遠慮する必要はありません。

 

思いっきり言い返してやればいいのです。

本作の政美もそう立ち振る舞えば良かったのですが…

 

子供は残酷だとしても

彼女の先生の責任は重いですよね!

実体験ということですが

このあとの彼女の人生、ぜひ幸せになって欲しいです!

 

ぜひ続きが気になる人は

試し読みしてみてください!

「病んでる女」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<