橘家の姫事情のあらすじ・ネタバレ!結末はどうなる?試し読み無料

橘家の姫事情 あらすじ・ネタバレ

 

 

「嫁は召使ですってぇ!!」

 

橘家の実家に嫁いだ

嫁・由宇子にふりかかる

理不尽ないびりの数々!?

 

「耐え忍ぶ女ではございませんからっ」

そんな由宇子と姑の

抱腹絶倒な嫁姑バトルをご覧あれ!

 

「橘家の姫事情」

ピリピリが面白い!

そんなあらすじをご紹介します。

※先に試し読みをされる方は▼からできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「橘家の姫事情」と入力し検索してください。

橘家の姫事情のあらすじ(ネタバレ注意)

2001年

マンションに暮らしている橘家は

 

夫の賢一郎(けんいちろう)

嫁の由宇子(ゆうこ)

息子の純一郎(じゅんいちろう)

娘の詩織(しおり)の4人家族

 

医者をしている賢一郎が帰ってくるのを

お出迎えする無邪気な純一郎。

今日は彼の5歳の誕生日だったのです。

 

「ふたりともかわいい盛り」

純一郎や詩織が可愛らしくたまらない

由布子でしたが…。

 

「…え? 故郷に帰るって… どういうこと?」

子供たちも寝て、夫婦二人になったとき

急に夫が出した話題…。

 

それは、家族みんなで実家で暮らすというものでした。

 

「動くのは2~3年後になると思う」

そう言われても、全く事情がわからない由宇子。

 

ポツリポツリと夫が行っていたのをまとめると

医者をしている賢一郎の父が

病院を拡大するため、

長男の賢一郎の助けが必要になるということらしい。

 

「長男の役目」

そう自分のことを言った

賢一郎の言葉に、由宇子には脳裏によぎるものがありました…。

 

それは、純一郎を出産した時に

姑が言った言葉

「橘家の跡取り孫ですからね」

 

その時はスルーしたその言葉が

いまでは、最初から呼び戻すことを前提とした言葉に

思えてきたのです。

 

賢一郎だけでなく、息子も跡取りにするつもりでは…

姑の目論見に不安を抱く由宇子。

 

そんな大事なことを自分だけで決めた

夫にイラつくのでした・。

 

「ひと言の相談もなく なぜいきなり決定事項なのかしら…?」

 

しかし、嫁姑の関係に

意外と鈍い夫は、彼女の言いたいことがよく分からず…。

 

由宇子はきっぱりといいます。

「私 耐え忍ぶ女ではございませんからっ」

 

一緒に暮らして、良き妻を演じることはできないという

由宇子でしたが、

賢一郎から、離れでくらせば

プライバシー位は守れると言われて

渋々承諾するのでした…。

橘家の姫事情の結末はどうなる?

冒頭では5歳だった息子 純一郎も高校生に

進路を考える年になった彼ですが…。

 

彼を医者にしようと考える姑は

進路に興味津々…。

 

そんな時、彼の決めた進路とは…。

※続きはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「橘家の姫事情」と入力し検索してください。

橘家の姫事情を読んだ感想

地方だと本当にありそう…。

そんな、「ゴッドマーザー」姑と嫁の

バトルが熱い一冊!

 

遠まわしなイヤミ、突っぱねる嫁…

嫁姑バトルの定番を詰め込んでいるので

好きな人にはたまりません!!

「橘家の姫事情」

ぜひ読んでみてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「橘家の姫事情」と入力し検索してください。