ダンジョン飯のあらすじ・ネタバレと感想【試し読み無料】

ダンジョン飯 あらすじ・ネタバレ

 

 

「腹減ったなァ・・・」

 

冒険者だって腹が減る!

飯漫画で飽和状態の漫画界に

新風をもたらした、画期的ダンジョングルメ漫画!

 

アマゾンでのレビューは300件以上!

しかも星4,5という高評価を獲得!

コミックナタリー大賞

このマンガがすごい!2016オトコ編…

様々な賞で1位を総ナメした超・超話題作

 

「ダンジョン飯」

 

新たな切り口のファンタジー&グルメ

読むなら今のストーリー!

あらすじをご紹介します。

※先に試し読みをされる方は▼からできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「ダンジョン飯」と入力し検索してください。

ダンジョン飯のあらすじ(ネタバレ注意)

 

それは小さな

村から始まった

 

ある日、地下墓地の底が抜け

奥から一人の男が現れた。

 

「魔術師を倒したものには

我が国の全てを与えよう」

 

その男は

地下にある自分の国を「狂乱の魔術師」に

乗っ取られてしまった王様。

 

彼はそう言い残すと

塵となって消えてしまった…。

 

その噂を聞きつけた冒険者は

今日も、地下の王国、そして王国の宝を求めて

ダンジョンに挑み続けるのでした…。

 

ライオスもそんな冒険者の一人

彼の部隊は巨大なドラゴンと交戦中でした。

 

「準備は万全 負ける要素はない」

ドラゴンを追い詰める仲間たちでしたが…

 

「腹が減ったなぁ」

空腹のライオスがぼーっとしている間に

部隊は全滅。

 

最後に脱出呪文をかけてくれた

ライオスの妹・ファリンの機転で

メンバーは地上に戻ることが

できたのですが…

 

「ファリンの姿だけどこにもなくて…」

 

部隊の魔法使い・マルシルの言うとおり

 

ファリンがどこにもいない…。

 

脱出する寸前にドラゴンに食べられる

ファリンの姿を目の当たりにしたライオス

 

「今すぐ助けに行く」

 

しかし、部隊は大ピンチの状態

メンバーの二人は抜け

それでも残ってくれたマルシル・チルチャックに

払う給料なんかも考えると

食料を調達するお金が無かったのです…。

 

しかし、ライオスには、昔からの

ある考えが…。

マルシル・チルチャックに

「本当に俺についてくる覚悟があるんだな」

 

「どんなことがあろうとも!!」

 

そう、念押しするライオス

 

彼がした提案…それは

 

「迷宮内で自給自足する」

 

つまり、モンスターを食べて先に進むというもの

だったのです!

続きはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「ダンジョン飯」と入力し検索してください。

ダンジョン飯を読んだ感想

いままで、かかれなかった冒険の裏側…

つまり、「飯」というところに注目した本作

 

おばけキノコのきのこ鍋

スライムの内蔵の干乾など

モンスターをより身近に感じることのできる

料理の数々…。

 

食べたいかどうかは置いといて、

食べ方を考えることで、モンスターの

体の仕組みをよく考えることができて

楽しいです。

 

個人的には、「動く鎧」という

モンスターについての考察が

ダントツでした・・・。

 

全く新しいファンタジーの楽しみ方を見つけられる一冊

「ダンジョン飯」

いたるところで話題の本作

ぜひ読んでみてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「ダンジョン飯」と入力し検索してください。