天空侵犯1巻のあらすじ・ネタバレと感想【試し読み無料】

天空侵犯 あらすじ・ネタバレ

 

 

「お兄ちゃんが前言ってた!

 「変な人にあったら 何も考えず逃げろ」って…」

 

学校にいたはずの女子高生が

いつのまにか、どこか知らない場所に飛ばされて…。

 

そして、目の前では

仮面をかぶったオーバーオールの巨漢が

斧で人を殺していた…。

 

パニック必死、高所で繰り返される惨劇に

あなたはついてこれるか!?

 

「亜人」の原作者が贈る 新たなサスペンスホラー

「天空侵犯」

本日はそのあらすじをご紹介します!

※先に試し読みをされる方は▼からできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「天空侵犯」と入力し検索してください。

天空侵犯1巻のあらすじ(ネタバレ注意)

 

「訳わかんない」

 

大きく響く彼女の鼓動…。

 

さっきまで学校にいたはずの彼女は

気が付くと、どこか高い建物の中にいました。

 

そして目の前には

頭を半分に割られた男性の死体。

 

「私の目の前で 人が殺された」

 

「変な「仮面」をかぶった人が殺した…」

 

「本当に訳がわからない」

 

仮面の男はオーバオールを身に付け

脇のところからは肉が溢れるような巨漢。

 

そして…血まみれの斧を持って

こっちに近づいてきたのです。

 

そんな「訳のわからない」目にあった女子高生

本城ゆり(ほんじょう ゆり)

男から逃げようと

助けを呼びながら、走り出します。

 

しかし、その建物には

誰もおらず…。

 

しかも

「おしらせ」

「地上に降りることはできません」という

謎の看板が…。

「何これ…なんなの!?」

 

どんどん近づいてくる男を振り切るため

彼女は屋上の階段を駆け上がります。

 

屋上から見るとそこは明らかに東京ではない街…。

 

「こんなに高層ビルばかりの場所なんて…」

 

さらに違和感に気づきます

「人の気配が全くしない!?」

 

電話で誰かに連絡を取ろうとする彼女。

誰にも連絡が取れない中

 

唯一連絡を取れたのは兄でした。

「ゆり… お前もこの世界にいるのか…」

 

兄の意味深の言葉…

 

この世界は現実だという兄の言葉を信じ

一番高い塔で落ち合う約束をするゆり

 

高層ビルの間にかけられている吊り橋を

渡って塔を目指しますが…

 

自分をおってきた殺人鬼の死や

自分と同じくこの世界に紛れ込んだ女性の死など

いくつもの、壮絶な死を

目の当たりにして行く彼女はとうとう…

 

「ごめんね おにいちゃん

 私はもう… この世界に耐えられないよ」

 

屋上の手すりのない場所に向かうゆりでしたが…!?

続きはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「天空侵犯」と入力し検索してください。

天空侵犯1巻を読んだ感想

急によくわからない世界に飛ばされて

四苦八苦しながら生き延びようとする

サバイバルホラー。

 

最近多いジャンルですが

主人公が女性というところ、

最初に会う現実世界の人がクズばかりというところなど

ほかの作品と差別化されています。

 

この作品の一番の特徴は

高所で繰り広げられていることでしょうか

 

いつでも一瞬で死ねる、殺せる…

そんな状況をどう活かすのか

先が楽しみな新感覚サバイバルになっています。

「天空侵犯」

同系列のサバイバルが好きな人におすすめの一冊です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「天空侵犯」と入力し検索してください。