女なのでしょうがない(漫画)のネタバレと感想!【試し読み無料】

女なのでしょうがない ネタバレ

 

女なのでしょうがないは、近由子(こんよしこ)作の
漫画で2015年からスタートしました。

2016年5月現在は、4巻まで発売されており、完結はしていません。

主人公は31歳で独身の青木美希(あおきみき)

 

会社では役職がついている美希でしたが、
順風満帆な日々を送ることとは程遠い生活を強いられるのでした…

ではネタバレ含み内容を見ていきましょう。

女なのでしょうがないのネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「女なのでしょうがない」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

一人暮らしで、夜ご飯に半額シールがついたお惣菜と
カップ麺を食べながら、自分の貯金通帳を眺めながらにやける美希。

彼女は、いつからか自分の存在価値を見いだせずにいました。

 

会社で役職をもらえたのも今の世の中、

女の社会進出をさせた方がいいと会社が判断して、

自分に役職を与えただけだと感じていました。

 

恋人もいない彼女は、生理痛でさえ自分が唯一女として
認識する現象ととらえていたのです。

 

会社に出社した彼女は、部長に呼ばれました。

部長のメールミスでクレームが来たのを彼女のせいにされたのです。

 

クレーム処理した後に、会議に遅刻して出席すると

『だから嫌だったんだよね。女性ってだけで役職つけるの。退室して結構です』

と言われ、会議室から退室…

 

美希は意気消沈し、トイレの個室に入っていると、
今度は外から自分の悪口を言う声が聞こえてきました。

声の主が誰なのか確認をしてみると、
自分の事を心配していた後輩でした。

 

部署に戻ると、上司に、

『今度、31歳の男性の中途社員が入るから、君と交代しちゃえば?

君の“私我慢してるけど、ニコニコしてます”っていう態度が1番嫌い。

そんな顔するなら何かいったらどう?』

と言われてしまいます。それでも何も言えない美希。

 

失意の彼女が廊下に出ると、食堂のがいました。

自分の事を心配してくれる林に、

つい『死にたい』と言ってしまいます。

 

林は『何言ってんの?怒るよ』と言いますが、

美希は、『怒りたいのはこっちよー!!』

と泣き出して、倒れてしまいます。

気が付いたら医務室に。

 

何も解決はしていませんが、
言いたいことを少しだけ言ってスッキリした美希なのでした。

「女なのでしょうがない」と入力し検索!

>>続きはこちらから

女なのでしょうがないのネタバレ

私もあまり言いたい事が言えないタイプなので、
美希の気持ちはよく分かります。

じゃあどうしろっていうの!!

というような状況によく陥ってしまうので自分と重なりました。

今の社会は女の社会進出を!といいながら、

まだまだ男尊女卑が残っていて、
今でも女性を蔑視した発言をする人がたくさんいますよね。

そんな男性たちの中で、
美希がもがいているのが本当にかわいそうに感じました。

 

結婚して出産することだけが幸せとは必ずしも思いませんが、
結婚してないと欠陥人間のように思われる今の世の中。

 

いつか彼女が報われる日が来ますように…

「女なのでしょうがない」 と入力し検索(´ε` )