老いた卵子~妊娠適齢期~のあらすじ・ネタバレと感想!試し読み無料

老いた卵子~妊娠適齢期~ あらすじ・ネタバレ

 

 

「私なら妊娠できるはず…!」

 

30代のあなたも

同じように思ったこと ありませんか?

 

自分だけは大丈夫…

そう思っている人に読んで欲しい 不妊の現実…。

 

卵子の老化の原因とは…?

卵子と見た目の老化の関係とは…?

 

知らなかったでは

大変なことになる そんな実体験を詰め込んだ短編集

 

「老いた卵子~妊娠適齢期~」

人生に翻弄される女たち―

本日はその中の表題作「老いた卵子~妊娠適齢期~」の

あらすじをご紹介します。

※先に試し読みをされる方は▼からできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「老いた卵子」と入力し検索してください。

老いた卵子~妊娠適齢期~のあらすじ(ネタバレ注意)

 

「ただいまぁ」

 

そういって上機嫌で帰宅した女性

小山麻美(こやま あさみ)は32歳のOL

 

周りはみんな結婚して

子供も生まれているのに、彼女には全く焦りがありません。

 

「今どき 30代で独身は普通よぉ」

 

そう、悪びれもせずに母親に口答えをする彼女に

 

「子供が欲しいなら早いほうがいい」

と、姉の知美(ともみ)が言ってきます。

 

不妊治療で苦しんでいる姉

 

「年齢とともに卵子も老化する」

と自分の苦労を語る姉の話を聞いても

 

「やっだぁ お姉ちゃん老化しちゃってるのぉ〜」

麻美はそう笑い飛ばすだけでした…。

 

そんな麻美も

34歳の時に、お見合いで知り合った男性と結婚。

幸せな生活を歩む…かとおもいきや!

姑からは毎日子供を催促される日々

 

しかも、麻美はショッキングなことに

卵子が40歳代であることが判明したのです。

 

旦那の精子の具合も悪く

ふたりは不妊夫婦であることが判明したのでした…。

 

姑からイヤミを受けながら

いやいや不妊治療をする麻美

 

彼女は治療のために通っていた病院で

同じく不妊治療していた姉と遭遇します。

 

姉を嘲笑った自分が不妊…

麻美は自分が妊娠できない体であることを

打ち明けることができません。

 

姉と話していても

自分と姉は違うと、姉を見下す麻美

 

「妊娠できない負け犬のくせに 偉そうに」

 

心の中で妊娠してやろうと

決意する彼女でしたが、そんな麻美を打ちのめす事態に…。

続きはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「老いた卵子」と入力し検索してください。

老いた卵子~妊娠適齢期~を読んだ感想

 

妊娠適齢期…

甘く見ていました…。

 

テレビなんかだと

不妊治療に成功した人を写すので

こういう、不妊治療の残酷さを綴った漫画は

貴重かもしれません。

しかも、全く同情の余地がない(笑)

 

不妊治療を嘲笑い、いつも誰かのせいにする麻美は、

見ていて、とてもムカムカします。

彼女を反面教師に

不妊に十分注意して欲しいという

メッセージを受け取って欲しい…。

「老いた卵子~妊娠適齢期~」

過酷な現実を描いた話題の一作ですので

ぜひ読んでみてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「老いた卵子」と入力し検索してください。