死んでほしい身内のあらすじ・ネタバレと感想【試し読み無料】

死んでほしい身内 あらすじ・ネタバレ

 

 

婿家は工務店

舅が社長 姑が専務 夫が社員…

 

そんな一家で、頑張って嫁を努めようとする女性の

前に現れたひとりの男性。

ろくでなしの身内の出現で

婿家でピンチに陥る女性の奮闘記を描いた

表題作の他

 

溺愛して兄をろくでなしに育てた毒親のおはなし

殺意を抱かせる要介護姑にまつわる体験談を織り交ぜた短編集

「死んでほしい身内」

 

あなたにもいますか?「殺したい」身内が…。

本日は表題作のあらすじをご紹介します。

※先に試し読みをされる方は▼からできます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「死んでほしい身内」と入力し検索してください。

死んでほしい身内のあらすじ(ネタバレ注意)

 

「専業主婦の私 片桐真由美(かたぎり まゆみ 36歳)の

毎日は戦争のような忙しさでした」

 

大手工務店 片桐工務店に嫁いだ真由美

片桐家は舅が社長、姑が専務、夫が社員という構成なので

家の家事は全て真由美がしていました。

 

その上、家には育ち盛りの息子が二人

高齢の大姑がいて、

真由美には本当に休む時がなく…。

 

しかし、母子家庭で貧乏だった真由美が

片桐家みたいな大富豪に嫁ぐことができたのは

千載一遇のチャンス。

 

ギャンブルにハマり借金まみれの父

そんな父の作った借金を一手に引受け

苦しみながら働き続ける母を助けるために

 

そして、誠実な夫の気持ちに応えるために…

 

「不安に蓋をして」結婚した彼女。

 

舅はまともな人でしたが

姑さんは、絵に書いたような意地悪な人

事あるごとに、貧乏な真由美の家をいびりたおす

彼女に耐えながら

 

「夫に恥ずかしくない 誰もが褒めてくれる

立派な婿にならなくては」

 

その思いを胸に

真由美は片桐家の嫁を

精一杯頑張るのでした。

しかし、不穏な空気が彼女の周りを渦巻くのでした…。

 

それは一本の電話

姑から急いで会社に来るように言われた真由美を

待っていたのはひとりの男。

 

その男は真由美の父に5万貸したといってきたのです。

 

自分は払う義理はないと突っぱねる真由美ですが

なんと姑は自分が立て替えるというのでした。

 

姑の目論見は真由美を責めること。

貧乏な父が居ること、代わりに立て替えることで

自分が有利に立とうとしたのです。

 

そして、いよいよ真由美の夫の前に姿を現す

真由美の父。

彼の出現に真由美は…!?

続きはこちらから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「死んでほしい身内」と入力し検索してください。

死んでほしい身内を読んだ感想

サスペンスドラマで必ず

殺されてしまう役柄のクズ父

 

彼こそが「死んでほしい身内」なのでしょうが…

正直姑のキャラが強力すぎて、上手く入ってこないです(笑)

 

それでも、身内の縁ってものは

厄介ですよね。

無償の愛となるか、切れない鎖となるか

どちらともなりうる扱いづらさがあることを

思い知らせてくれました。

 

個人的には夫にデートに誘われたときの

薄ぼんやりとした真由美さんの顔がすごいツボ!

「死んでほしい身内」

切れない身内という縁、あなたならどうするか

想像しながら読んでみて欲しい一冊です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

▼の各サイト内で「死んでほしい身内」と入力し検索してください。