設定少女を無料で試し読み!1巻のあらすじ・ネタバレと感想!

設定少女 あらすじ・ネタバレ

 

 

30歳の童貞・佐藤ヒロシ

彼女いない歴=実年齢の彼が出会った女性は

ちょっと普通じゃなかった。

 

男の精を食べないと弱ってしまうと豪語する彼女

バンバンSEXするのに

Hやキスは恥ずかしがる…?

 

そんなよくわからない自己設定の彼女と

女性経験ゼロの男

 

そんな二人のかなり変わったラブストーリー

「設定彼女」

 

設定って大事だよね♪

そんなあらすじのご紹介です。

 

設定少女1巻のあらすじ(ネタバレ注意)

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「設定少女」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

「僕は佐藤ヒロシ 30歳

彼女いない歴=実年齢の童貞である」

 

夜道を歩く彼は、彼の後ろをつけてくる

謎の女性に気づく…。

 

自販機でやり過ごす!

彼女をやり過ごそうとする彼だが

やはり女性も彼の背中にピッタリつく…。

 

本当にストーカーか?

ヒロシはそう考えながらも、

 

「ジュース買うんですよね? どうぞ」

そういって、自販機から離れようとすると…

 

「え!?」

急にその女性が、自分の方に倒れてきたのでした。

 

なんとか彼女の体を抱きとめるヒロシは、

初めて抱く女のカラダにどぎまぎ!!

 

うるんだ瞳、桜色のしっとりした唇

急にその唇が開き、

彼女は力なさげにつぶやく…。

 

「お腹がすきました」

 

一人では歩けない彼女を連れて

コンビニで食べ物を買うヒロシですが…

 

「あなたのを 食べたいんです」

そう意味のわからないことを言う女性。

 

しかたなく、彼女を部屋にあげるのですが

彼女はヒロシに抱きついて

 

「もう我慢できません」

 

そう言って… 彼女はパンツを脱ぎ始めたのです。

 

そして一瞬で童貞を卒業してしまったヒロシ。

何が起こったかわからない彼に彼女が説明したのは

かなりぶっ飛んだ話でした…。

 

「私たち 一族の女は成人すると

男の性を食べないと弱ってしまう」

「女の匂いがしない男(童貞)の精がおいしい」

「性をいただく行為は食事、性交渉のHとは別物」

 

変な女だなぁと頭を抱えるヒロシは

彼女の設定に付き合い、彼女と同棲するのですが…。

>>続きはこちらから

「設定少女」と入力し検索!

設定少女1巻を読んだ感想!

美少女と同棲なんて、すごい羨ましいぞ!

…と普通なら思うところ。

 

しかし、彼女のルールがすこしめんどくさい!

SEXはいいけど、キスやHはダメって

男にとっては生殺しじゃ…。

 

そんな羨ましいのか、そうでないのかよくわからない

ふたりの奇妙な同棲ストーリー。

 

精が食事ってところを深く掘り進めると

面白そうですよね。

やり過ぎたら太るのかなとか、タンパク質以外の

栄養はどうやってとるのかなとか…。

 

いきなりSEXから始まる、ふたりの純愛ラブコメ

「設定少女」

新感覚ラブコメが好きな人におすすめの一品です。

「設定少女」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<