ザ・女囚(漫画)のあらすじ・ネタバレと感想【試し読み無料】

ザ・女囚 あらすじ

 

囚人としてムショぐらしをした女性たち

男性刑務所とは違う

女性だけの過酷なイジメ・妬みや嫉みの世界を

赤裸々に綴った一冊。

 

母の恋人を刺し、女性刑務所に収容された女性

小野久美子

彼女の壮絶な収容生活を描いた

「塀の中の女たち」

 

あの著名な松山ホステス殺人事件で

15年間の逃走生活の末に捕まった

福田和子(ふくだかずこ)を描いた

「私は逃げ切る!!」

 

その他、女囚の世界をこれでもかと

描いた珍しい短編集

「ザ・女囚〜金と男で地獄を見た女たち〜」

 

本日はその中でも

「塀の中の女たち」を紹介します。

▼ザ・女囚の関連記事▼

ザ・女囚~金と男で地獄を見た女たち~は実話!?結末はどうなる?

2016.07.30

ザ・女囚のあらすじ(ネタバレ注意)

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「ザ・女囚」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

「日本には、福島、栃木、笠松(岐阜)

加古川、和歌山、岩国(山口)、麓(佐賀)と

全国8ヶ所に女子刑務所があります」(2012年)

 

しかしそれでも、増大する犯罪者に対応できず

今でも、すこしずつ用地を拡大し続けているのでした。

 

その中には強盗から詐欺まで

さまざまな犯罪で服役している女性がいます。

 

本作の主人公・小野久美子(おの くみこ)

ある刑務所に入れられた囚人。

 

彼女が犯した罪は傷害罪。懲役2年。

彼女は、母親の恋人を傷つけたという罪で

収容されたのでした。

 

この話は、現実の収容生活をもとにしています。

 

収容された日。

 

「小野久美子 前へ!」

 

そう女性刑務官に呼ばれた久美子が

刑務官の前に出ると

 

「身につけているものをすべて取って

このカゴの中に入れなさい」

 

―刑務官の非常な声

 

その逆らえない声を聞くと

久美子の身体に緊張が走ります。

 

「もうここからは出られないのだ」

そう思い知らせた久美子

 

彼女が服を脱ぎ、ブラジャーを外すと

 

「それも取りなさい」

 

刑務官は下着も取るように指示します。

 

服を全部脱ぎ、生まれたままの姿に―

 

次に刑務官が指示したのは

 

「両手を広げて 上にあげなさい」

 

「足を広げて 前にかがみなさい」

 

いろいろなポーズをさせられて

体のすみずみまでチェックさせられる久美子

 

「体の中にお金や覚せい剤を隠していないか」

徹底的に検査する刑務官ですが…

 

その格好はとても恥ずかしいもの。

久美子は屈辱的な検査に、顔を赤らめるのでした…。

>>続きはこちらから

「ザ・女囚」と入力し検索!

ザ・女囚を読んだ感想

女性刑務所の中を描いた

いろんな意味で貴重な作品。

 

男だったら、暴力的な感じですが

女性刑務所はもっとどろどろしていて

イジメとか多そうなイメージ。

 

同作ではいじめや可愛がりがこれでもかと

紹介されているので、

読むと、「悪いことできないなぁ」と

改めて思いました。

 

そんなドキュメント作品

「ザ・女囚」

あなたの知らない未知の世界が広がる一冊です。

「ザ・女囚」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<

▼ザ・女囚の関連記事▼

ザ・女囚~金と男で地獄を見た女たち~は実話!?結末はどうなる?

2016.07.30