黒異本(漫画)のあらすじ・ネタバレと感想!【試し読み無料】

黒異本 あらすじ

 

友達の家で遊んでいる時に見た

包丁を持った化物…。

 

夢から目が覚めた少年の友達に起きた異変とは…。

(「赤鬼」から)

 

コメディからホラーまで

幅広いジャンルで活躍中の外薗昌也先生と

「恐之本」で今一番怖いホラー漫画家 高港基資先生の

黄金コンビが送り出す

説明不可能の本能に訴えるホラー漫画!

 

怖いもの好きな人に挑戦して欲しい

グロサイコホラーのオムニバス集

「黒異本」

 

本日はその中でも、

日に日に崩れていく友達の謎を負う「赤鬼」という話を

恐之本1巻のネタバレ(あらすじ)と感想【試し読み無料】

2016.07.09

黒異本のあらすじ(ネタバレ注意)

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「黒異本」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

1977年10月 埼玉県

 

この話は本当に起きた話である。

 

その日は雨で、主人公の少年は

友達のウッチーの部屋で、トランプをして

遊ぶことに。

 

「わおっ 人生初 ロイヤルストレートフラッシュ!!」

 

少年が嬉しそうにウッチーの方を見ると

彼は青ざめた顔で、部屋の入り口のほうを見ていて…。

 

それにつられて、振り返った少年が見たのは

ドアのところにいた鬼!

 

その鬼は包丁を持って彼らの方に近づいて…。

 

「わっ」

 

そこで少年は目を覚まします。

 

「夢…」

生々しい夢に嫌な予感を覚える少年。

 

しかし

その夢を見た日から

ウッチーに異変が…。

 

彼がどんどん汚くなっていくのです。

 

肌はカサカサ、服や髪も汚れ放題。

そのうち ひどく臭うようになっていったのでした。

 

少年はどうにかしたくて

ウッチーを銭湯に連れて行いきます

 

しかし、頭を洗ってやると彼の髪はごっそり抜け、

ポリポリ掻いている彼の腕は皮膚が剥がれて

血や肉が出てきていました。

 

その後も彼はボロボロ崩れ始め

もう人間の顔ではなくなってしまいます。

 

しかし、不思議なことに

周りのみんなは誰もこの変化に気づかない…。

 

そして卒業式の日

その時になると、ウッチーはもう

人間の形をしていませんでした。

 

彼は少年に、

自分は引っ越すことになった

お前とはバイバイだ

 

そう告げます。

 

「俺らずっと友達だからな」

 

そしてウッチーは

母親に連れられて行ってしまうのでした。

 

「ウッチー ウッチー」

涙ながらに彼を呼ぶ少年。

 

そのとき、少年はハッと目を覚ましたのでした…。

>>続きはこちらから

「黒異本」と入力し検索!

黒異本を読んだ感想

このあと驚きの事実が分かるのですが

そちらはみなさんの目でご確認ください(笑)

自分は、高港基資先生の「恐之本」の大ファンなので

絵を見た時に

「高港先生の絵だ!」と

すごく興奮しながら読んでいました。

 

「恐之本」よりも

グロさ重視のお話が多くて、気持ち悪さを

前面に押し出す話が多かったですが

この人独特の味も出ていて

とても楽しめました。

 

満足できるホラーがあまりない…という方

是非一度読んでみてください

「黒異本」

オムニバス式で読みやすい一品です。

「黒異本」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<

恐之本1巻のネタバレ(あらすじ)と感想【試し読み無料】

2016.07.09