ドンケツ(漫画)1巻のネタバレ・あらすじと感想【試し読み無料】

ドンケツ あらすじ・ネタバレ

 

 

ロケットで会社を襲撃し、

付いたあだ名が「ロケマサ」

そんなむちゃくちゃヤクザ・沢田マサトシの

クズすぎて逆に清々しい日常漫画。

 

一般人だろうが!

ヤクザだろうが!

組長だろうが!!

容赦なく暴れまくる「ロケマサ」の活躍に

みなさん、スカッとしてください!

 

なんか、可愛らしいヤクザを描いた

「ドンケツ」

そのあらすじをご紹介します。

 

ドンケツ1巻のあらすじ(ネタバレ注意)

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「ドンケツ」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

キャバレーで大宴会をしているヤクザたち

そんなお店に

ドンっと現れた一人の男。

 

それを見たヤクザたちは

恐れおののき…。

宴会をやめてしまいます。

 

そんな時、ヤクザの一人の若者が男に話しかけます。

 

「すんませんねぇ お気になさらず飲んでくださいよ

 空気とおもぉていいですけぇ」

 

すると、その瞬間 男の拳がヤクザにクリーンヒット!!

 

「カッコええのう 三下ヤクザが

一端の極道みたいなクチきくやねぇか」

 

若者は知らなかったのです。

その男が、ヤクザからも恐れられている

月輪会孤月組の沢田マサトシ(さわだ まさとし)であることを…。

 

通称「ロケマサ」

 

昔関西系の組が縄張りに土木屋の会社を建てようとしたときに

ロケットを持ってきて

その会社を木っ端微塵にしたという伝説の男。

 

月輪会最強の男と言われる超武闘派にもかかわらず

同じヤクザからはクズ呼ばわり…。

 

「だれかまわずすぐに手を出す」

「上の言うことを聞かない」

「シノギは博打と恐喝」

「45歳にもなっていまだに平役」

 

かかわらない方が身の為…

「ロケマサ」はそんなむちゃくちゃな男でした。

 

そんな彼は日常からして破天荒!

 

高校生を無理やり拉致って

釣りに連れて行ったり

ヤクザの車にわざとぶつけて

金を稼いだり…。

 

相手にかかわらず、ケンカを売る「ロケマサ」

そんな彼は一本の電話を受けます。

 

それは、ある若者がヤクザに

捕まったので助けて欲しいというもの

 

揉め事が大好きな彼は

喜んでそこに向かいます。

 

ヤクザの事務所でボロボロにされた男を

見つけ、連れて帰ろうとするのですが…

 

「いくら ニイさんでも

 トボケたこと いいよったら 叩き殺しますよ」

 

相手のヤクザはやる気まんまん!

緊迫した二人…。一体どうなる!?

>>続きはこちらから

「ドンケツ」と入力し検索!

ドンケツ1巻を読んだ感想

「ロケマサ」

見る分にはいいけど

かかわりあいになりたくないタイプですねぇ〜

 

でも、普段イバってるヤクザが

彼にヘコヘコしているのを見るのは

意外と気持ちいいです。

 

誰にもケンカを売る彼の大胆さに

ハラハラしながら、おもわずスカッとすることも。

ヤンキー漫画好きな人は必見

ギャグ×ヤクザの傑作

「ドンケツ」

ストレス解消におすすめな一冊。

ぜひ、読んでみてください!

「ドンケツ」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<