はざまのコドモのネタバレ・あらすじと感想!【試し読み無料】

はざまのコドモ あらすじ・ネタバレ

 

 

突然ですが、みなさん

「知的ボーダー」という言葉をご存知ですか?

 

「知的障害」と「正常知能」のはざまの

知的指数を持つ人たちのことで

いま、とっても問題になっているらしいんです。

 

知的障害の方と同じように

学校や社会生活が困難にも関わらず

「知的障害」の認定がされない…。

 

国からの必要な支援を受けることができず、

親だけで頑張らないといけない…。

 

そんな知的ボーダーをテーマにした実話談

「はざまのコドモ」

認知度の低い「知的ボーダー」

お子さんが知的ボーダーや発達障害でお悩みの方に

ぜひ手に取っていただきたい一冊。

 

本日はそのあらすじのご紹介です。

はざまのコドモのネタバレ・あらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「はざまのコドモ」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

この漫画は漫画家沖田×華先生の

アシスタント・君(きみ)さんの子育てを漫画にしたお話。

 

「障害があっても関係なく愛せるよ だって私の子供だよ?」

 

自分の子供に愛情を与えることが出来る…。

そんな絶対の自信を持っていた君さんに

ひとりの男の子が生まれます。

 

1996年9月11日。

その男の子はヨシ君と名付けられました。

しかし、彼にはほかの赤ちゃんと違うところが。

 

他の赤ちゃんが寝ているのに

一人暴れまくるヨシ君をみて

 

「元気がいいな…」

 

君さんはそう言いながらも

違和感を感じ始めていました…

 

退院したあとも育児に

おわれる君さん。

 

赤ん坊は3ヶ月は大変といいますが、

「今6ヶ月なのに何も変わってない…」

 

さらに授乳記録をつけていてびっくり!

なんと1日に12回も授乳していたのです。

 

「ヨシ君 いつ寝てるの?」

 

そう疑問に思うくらい

朝昼晩ぶっ通しでギャン泣きのヨシ君。

 

壁が薄い賃貸住宅に住む君さんのもとには

次第に苦情が来るようになってきました。

 

そこで、一家は分譲住宅へ…!

 

これでヨシ君も大人しくなる…

そう期待していた君さんですが

ヨシ君のぐずりは全然治る気配はなく…。

 

ヨシ君が全然寝ない…。

 

それこそが 発達障害の前兆だったのです…

>>続きはこちらから

「はざまのコドモ」と入力し検索!

はざまのコドモの感想

「知的ボーダー」という言葉

自分は初めて聞きました…。

そんな問題があるんですね。

 

しかし、本作を読んでいて一番心に来たのは

周りの無関心が親を一番傷つけるということでしょうか…。

 

頑張って、頑張って…

死ぬほど頑張っているのに

「頑張りがたりない」とか

「子供のことを考えてない」とか…。

 

知的ボーダーの子を持つ保護者の方に

と、言いましたが、

もっとたくさんの人に興味を持って

知って欲しい…

そんな漫画

「はざまのコドモ」

発達障害、知的障害に詳しくなれる一冊です。

「はざまのコドモ」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<