キャバレー・ヴォルテール(漫画)のラスト結末は!?あらすじもあり!

キャバレー・ヴォルテール あらすじ・ネタバレ

 

 

まずはキャバレー・ヴォルテールのあらすじからどうぞ▼

ネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「キャバレー・ヴォルテール」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

昔、キャバレーだった建物を利用したゲストハウス

 

いろいろな人が住むヴォルテールに

今日もひとりの女性が入居する…。

 

「入口からすべての階段を上がった2階がそれぞれの

プライベートスペース…。」

 

淡々と建物の中を説明する管理人ジョンでしたが、

説明を聞く女性・キカコはそれどころではありません。

 

ガタンガタン ゴトンゴトン

聞こえてくる電車の音に合わせて

建物自体がカタカタ揺れてる!!

 

心配そうに聞くキカコに

 

「うちの環境については事前に了解済みだよね」

そんな冷たい視線でジョンは返します。

 

それでもキカコは怯まず

トイレが共同なことにも文句をつけますが

 

「イヤなら他に住めばいい それだけさ」

とぴしゃり。

 

思わず弱音を吐くキカコと

それをあしらうジョン。

 

二人の印象は最悪でした。

「なんか幼稚そうな女-

まぁ 面倒を起こさなければ別に構わないけども」

 

部屋で一人になったとき、そうつぶやくジョン。

 

一方キカコもプライベートルームでひとり

不満をこぼします。

 

「やっぱり 古いし汚い しかも狭い…」

しかし、キカコにはある決意があったのです。

 

「頑張って働いて ここからさっさと

脱出しちゃえば良いのよ!」

 

35歳にもかかわらず、東京で

夢と希望を抱き再出発する彼女と

それを取り巻く個性的なゲストハウスの面々の

笑いと感動のストーリー

▼キャバレー・ヴォルテールの関連記事▼

キャバレー・ヴォルテール(漫画)のネタバレと感想【試し読み無料】

2016.06.30

キャバレー・ヴォルテール(漫画)の結末

 

この話はいろいろな住人たちの触れ合いに注目しながら進む

オムニバス方式。

 

とりあえず、1話のストーリーの予想をしていきたいと思います。

 

35歳からでも新しいことにチャレンジするキカコと

必要以上に干渉しようとしないジョン

ふたりは入居説明の前にあったときは二人共好印象だったのに

入居説明のときには関係が悪くなってしまい…。

 

…とここらへんの展開が気になるところです。

 

最初は建物に不満があったキカコですが

その個性的な住人と仲良くなっていき、

自分の人生からは思いもよらないような境遇を知っていく。

 

そして、キカコにとって

いつの間にか、そこはかけがえのない場所に…。

そんな中、キカコはジョンと和解することに…。

 

…なんてストーリーを希望!

王道だけど、都会で夢見る人たちの心温まるストーリーみたいな

感じで(笑)

 

キャバレーヴォルテールの結末を読んだ感想

まあ、あくまで予想なので、

実際はご自身の目で!!

 

ただ、この漫画のテーマは「悩める人の再生と甘受」

逃げてきた人を受け止め、一回失敗した人が

再スタートを切れる…。

そんな安らぎの場所を描く、この漫画は

強く生きなければと肩肘を張る現代人の胸に

きっと、何かを残すはずだと思います。

 

そんな、ありとあらゆる人の避難所になれる漫画として

この漫画をおすすめします。

「キャバレー・ヴォルテール」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<

▼キャバレー・ヴォルテールの関連記事▼

キャバレー・ヴォルテール(漫画)のネタバレと感想【試し読み無料】

2016.06.30