ダンスマカブルジルドレ編のネタバレと感想!【試し読み無料】

ダンスマカブルジルドレ編 あらすじ・ネタバレ

 

みなさん、「ジルドレ」という人物をご存知でしょうか。

 

中世ヨーロッパ最大の戦争・英仏100年戦争の英雄で

後に国王より、金と権力を持つ男なんて言われた

時代の寵児です。

 

しかし、そんな彼の裏の顔は

中世ヨーロッパでも1、2を争うほど残酷で有名な

大量殺人事件の張本人だったと言われています。

 

童話「青ひげ」のモデルにもなったジルドレ

何人もの少年を殺し続けた彼の本性に迫る

性と悪の交錯するストーリー

「ダンスマカブル」のジルドレ編

 

前後編に分かれる残虐長編

そのあらすじをご紹介します。

ダンスマカブルジルドレ編のネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「ダンスマカブル」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

英仏百年戦争-

 

イギリスとフランスの間で長く続いたこの戦争

そのフランス側に神の寵愛を受けた一人の少女が

戦場を駆け抜けていました。

 

その少女の名前は「ジャンヌ・ダルク」

美しく気高く-

その姿は味方を鼓舞し、フランスの優勢を導いたのです。

 

そんな彼女を見つめる兵士の中でも

彼女を聖女として崇拝した一人の男

 

彼こそ「ジルドレ」

当時のフランス軍元帥で

ジャンヌと何度も轡を並べ戦場を共にした戦友でした。

 

しかし、ジャンヌは戦争中に命を落とす。

イギリス軍の手中に落ち、絶望の中で…。

 

時代は流れ、百年戦争も終盤に差し迫り。

ジルドレは戦線を退き、

ブルターニュやアンジューなどの領主になっていました。

 

その財力は国王を凌ぐと言われ、

豪華絢爛の装飾甲冑や聖歌隊を取り揃えていました。

 

しかし、権力には興味がなく

財産を国のために使うこともしない彼を

かつての戦友・リシュモンは問い詰めます。

 

「これほどの 資金を軍費に当てていれば」

「貴公は救国の英雄になっていただろう」

 

しかし、彼の声はジルドレには届きません。

「ジャンヌはもういない…」

 

彼女を失った彼には

もはや絶望しかありませんでした。

 

彼の楽しみはひとつだけ。

ジャンヌのような美しい少年と交わること。

しかし、ジャンヌを思うあまり、

彼の行為はどんどんエスカレートしていき…。

>>続きはこちらから

「ダンスマカブル」と入力し検索!

ジルドレ編の感想

前半は、ジルドレが罪の意識に苛まれつつ

それでも、美少年は犯して、殺していく壮絶なシーンがメイン。

最初は懺悔室で罪を告白するほど、

殺すことについての罪の意識を感じていますが、

前半の最後では

すでに罪の意識を捨て去り、怪物じみていく様子が

鮮明に描かれています。

 

限りなく繰り返される蛮行は

本書のなかでも、随一の残酷さです。

残酷描写も平気、という人でも思わず目を覆いたくなるような

光景と、ジルドレの狂気

 

あなたは直視することができますか?

 

「ダンスマカブル」ジルドレ編

中世の残酷史を学ぶ上で欠かせないストーリー

トラウマに気をつけて、お試し下さい。

「ダンスマカブル」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<

▼ダンスマカブル スペイン編 関連記事▼

ダンスマカブルスペイン編の結末は?考察まとめ!

2016.07.21

ダンスマカブルスペイン編のネタバレと感想!【試し読み無料】

2016.07.21

▼ダンスマカブル ジャンヌ編 関連記事▼

ダンスマカブルジャンヌ編の結末は?考察まとめ!

2016.07.21

ダンスマカブルジャンヌ編のネタバレと感想!【試し読み無料】

2016.07.21