売色一家(漫画)のラストネタバレ!結末がすごい!

売色一家 あらすじ・ネタバレ

 

 

生活保護を受けているのに

母も、姉も豪華な生活をしていて…。

 

一家揃って、売春していたことを知った少女が

歩んだ壮絶な人生。その驚きの実体験を記した

「売色一家」

 

本日はそのあらすじ・ラストをご紹介!

▼その他「売色一家」の関連記事はこちら▼

売色一家を無料で試し読み!あらすじ・感想あり!※ネタバレ注意

2016.06.30

売色一家のあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

 

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「売色一家」と入力し検索してください。

 

>>無料試し読み入り口

 

治田香奈(はるた かな)

彼女の家は普通の家となにか違う…。

 

持病で働けない両親は生活保護をうけているのですが

母も6歳上の姉も高そうな指輪や服を

惜しみまなく、次々買い漁るし、

ときどき来る借金取りのおじさんたちも

なんか、いやらしい顔で見てくる。

 

その人たちが来ると

香奈は狭い納戸に閉じ込められていました。

 

香奈は家の中でも「どんくさい子」「いらない子」

家の家事全般をしていたのにも関わらず

全く可愛がられず…。

姉は何もしなくても可愛がられるのに…。

 

「こんな子産むつもりなかったのに」

「俺が堕せって言っただろーが」

 

母にも父にも、そして姉にも相手にされなかった彼女は

両親に愛されたいと願うようになるのでした。

 

そんな彼女がある日見てしまったのは

借金取りのおじさんと母が裸でいちゃついている光景。

しまったとばかりに母が説明したのは

彼女にとって残酷な真実-

彼女の家は売春宿で

母と姉が身を売っていたというものでした。

 

しかし、それでも家の秘密を共有できたと

香奈は少し喜びを感じるのでした…。

>>続きはこちらから

「売色一家」と入力し検索!

売色一家のラスト結末

ブサイクだから…という理由で

売春自体はしなかった香奈でしたが、

なんと顧客には大人気。

 

両親は香奈の処女を20万で売ることに…。

それからは、香奈が金になると知った父親は

彼女に優しくなります。

 

両親に愛されている…!

念願の望みが叶って嬉しい彼女は

どんどん客をとっていくことに…。

 

しかし、ある日

矢野という客に彼女は一目惚れ。

子供を宿した彼女はその子が矢野の子だと

確信するのでした。

 

しかし、それまで優しかった矢野は

態度を一変。ついに香奈のもとへ来なくなってしまいます…。

 

香奈は産みたいと思うのですが

両親は止めます。

そのとき、彼女は

自分は売り物にしか過ぎないことを思い知ったのでした。

 

失意のうち、彼女は警察に行きます。

それでも彼女は最後まで父と母を庇うのでした。

 

売色一家の結末の読んだ感想

うーん、かわいそう!

 

子は親を選べないなんていいますけど

虐待話を読むと、本当だなぁと実感してしまいます。

 

子供のころから売春で無理させられ、

現在彼女は19歳。

まだまだ先が長い彼女の一生を台無しにした家族の

罪は重い!

ホント、こんな不幸な出来事がなくなるような

世の中になって欲しいと願うばかりです。

「売色一家」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<

▼その他「売色一家」の関連記事はこちら▼

売色一家を無料で試し読み!あらすじ・感想あり!※ネタバレ注意

2016.06.30