女帝花舞のネタバレ(あらすじ)と感想・評価!【試し読み無料】

女帝花舞 あらすじ・ネタバレ

 

 

銀座の女帝・彩香の娘が目指したのは

京都の芸者だった!?

 

華やかな銀座の頂点にのし上がる女の戦いを描いた

「女帝」の続編にあたる本作。

そのリアリティあるストーリー・タッチは健在です!

 

舞台は一転、京都祇園

そこで舞妓の頂点を目指す、新しい「女帝」の物語。

 

エロあり、バイオレンスあり

まさに大人の漫画

「女帝花舞」

「女帝」ファンの方必見。

そのあらすじをご紹介。

女帝花舞のあらすじとネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「女帝花舞」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

進藤彩香(しんどう あやか)

銀座で自分の店

「クラブ彩香」をトップクラスにおしあげた

元総理大臣の娘。

 

政財界、芸能界、スポーツ界、ヤクザ界

いろいろな世界での揉め事に関わってきたため

彼女はこう呼ばれます。

 

「女帝」と…。

 

 

そんな女帝を恨んでいる一人の女。

それは他ならぬ、彩香の娘・明日香(あすか)でした。

 

母が水商売をやっているから

男からは軽い女とみられ、友達やクラスメイトから奇異な目で

見られる…。

 

そして、当の本人は週に1,2回しか、顔を見に来ない。

 

「あの人は世間では成功者かもしれないけど

家庭では、母親失格、人間失格よ…!!」

 

おばあちゃんに育てられた彼女は

すっかり母親嫌いになっていたのでした。

 

この物語は

そんな彼女がテレビで舞妓さんを見たことから始まります。

 

「テレビの「祇園」が私の人生を決める事になるとは…。

そのときは思いもしなかったのです…。」

 

舞妓さんに釘付けになる明日香。

その光景は夢にまで出るほどでした。

しかし、一見さんは入れないと言われ、意気消沈。

しかたなく、学校に行くのでした。

 

彼女が言ってる高校は

麻生にある私立の名門校

そこにいるのは、明日香の嫌いな

良家のお嬢様ばかり。

 

「あなた ススんでる女で有名だもの」

そういって、男子との仲を聞いてくる友達や

 

金持ちであることを自慢する高慢ちきなクラスメイトと

その取り巻きたちの会話。

 

そして、彼女が少しでもつっかかれば

「水商売の家」と蔑まれ、「育ちが悪い」と言われるのです。

 

そんな学校生活に嫌気がさした彼女は…。

>>続きはこちらから

「女帝花舞」と入力し検索!

女帝花舞の感想

この話は「女帝」という作品の続編的な扱いですが

一番最初に簡単なあらすじがついているので前作を読まない人でも

内容が分かるようになっています。

 

しかし、複雑な人間関係や前作の登場人物も出てくるので、

読んでいる方には一層おすすめ!

 

京都で上り詰めていく波乱万丈のドラマ。

しかも実写ドラマでは表せないくらい

臨場感たっぷりなので、刺激的な話が読みたい人にピッタリ。

 

実力でのし上がる展開が好きな人におすすめ

「女帝花舞」

舞妓の世界にも詳しくなれる一品、

ぜひお試し下さい。

「女帝花舞」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<