アポカリプスの砦のネタバレ・あらすじと感想!【試し読み無料】

アポカリプスの砦 あらすじ・ネタバレ

 

 

関東中の不良が集まる

青少年矯正施設 松嵐学園

 

冤罪でそこに入れられた、

普通の高校生 前田義明(まえだ よしあき)

 

そんな彼にとって

いろいろ刺激の強い収監生活

 

個性的な仲間や、喧嘩腰の他の房の不良に

精神すり減らす日々。

 

しかし、施設の外ではゾンビが大量に発生し…。

 

一味違う不良VSゾンビの

パニックホラー

「アポカリプスの砦」

不良たちがゾンビたちと出会ったら…。

そんな魅力のストーリーをご紹介します。

アポカリプスの砦のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「アポカリプスの砦」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

殺人罪で前田義明(まえだ よしあき)が送られた先は

青少年矯正施設 松嵐学園

 

関東中の不良が集まるそこで

 

「何もやってないんです」

 

義明は無罪を訴えるのでした。

しかし、もちろん有罪を受けた彼の言い分を聞き入れる

大人がいるはずなく…。

 

園長に、馬鹿にされた眼で諭された義明は

涙を流しながら、自分を有罪にした人達を恨むのでした。

 

学校のみんな、好きな女の子、家族…。

彼の心に、会いたい人たちの顔が思い浮かびます。

 

しかし、現実の世界で彼の前に立ち並ぶのは

自分を舐めるように値踏みする

恐ろしい顔の不良たち。

 

部屋に案内された義明は

その部屋の室長 吉岡正文(よしおか まさふみ)と出会います。

 

長髪の優男、見た目不良っぽくはない彼ですが、

冤罪を主張する義明に鼻デコピン。

 

しぶしぶ、義明は

自分がここに送られたときのことを語るのですが…。

 

次々と部屋に入ってくる同室の仲間

筋肉マッチョの岩倉(いわくら)

メガネのインテリ、山野井(やまのい)

 

3人集まったとき

吉岡は義明に握手を差し伸べます

 

「よろしく頼むよ 前田君」

 

不安ながらも始まった、義明の施設生活でした。

 

 

しかし、その一方、施設の外ではとんでもない事件が…。

 

東京都監察医務院-

護送中、容疑者に咬み殺された警察官・吉田明(よしだ あきら)

 

彼の解剖手術の準備をしている監察医たち

しかし、ベッドに寝かせた死体の体が

起き上がって-。

 

そのほかにも同時多発的にゾンビが人を襲う事件が発生。

事件の規模はどんどん拡大していったのです…。

 

そして、その影響は松嵐学園にも…。

>>続きはこちらから

「アポカリプスの砦」と入力し検索!

アポカリプスの砦の感想

ゾンビものと言ったら

やはり逃げ惑う大衆が見ものなのですが、

この漫画は一味違います。

 

襲われるのは血の気が多い不良たち

彼らがゾンビと対峙したとき

彼らはどう立ち振る舞うのか…。

 

かなり新しいシチュエーションで

とてもワクワクします。

個性的な不良の面々の過去もどんどん明らかになり

感情移入しながら読めるので、

気がついたら、ストーリーにのめり込んでいる作品です。

 

ゾンビものを一挙に読んでみたい方

「アポカリプスの砦」

10巻完結なので、空いた時間によめる一品です。

「アポカリプスの砦」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<