蟲姫1巻のネタバレ(あらすじ)と感想・評価!【試し読み無料】

蟲姫 あらすじ・ネタバレ

 

 

「先生知ってますか」

「この地球を支配しているのは

人間じゃなくて虫たちなんですよ」

 

急に凶暴化し、犬や鳥達を襲う虫たち。

その中心にいるのは一人の謎めく少女…。

果たして彼女は敵なのか、それとも味方なのか…!?

 

アッと息を呑む

衝撃の人外ホラー・ラブストーリー

「蟲姫」

外薗昌也先生・里見有先生のタッグでお送りする震撼の物語

そのあらすじをご紹介します。

蟲姫のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「蟲姫」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

高校生・高砂陵一(たかさご りょういち)には

最近ずっと悩みになっている、ある悪夢がありました。

 

彼は小舟に乗ってどこかに向かっています。

見渡す限りの水面にはたくさんの男女の死体。

 

彼が水面を眺めていると

一体だけ服を着ていない美女が流れてきて…。

目の前を通り過ぎるときパチリと開く彼女の目。

そして、不気味な笑みで彼女は笑うのですが、

その時見える歯が、まるでピラニアのように敷き詰められていて…。

 

いつもそこで絶叫して目を覚ます陵一。

 

その日も授業中に居眠りしていた陵一は

絶叫とともに目を覚まし

先生に怒られてしまうのでした。

 

友達と帰るときも

その夢のことが気になってしょうがない陵一

しかし、そんな彼が空き地を通った時に違和感を感じます。

 

「いつも…こんなに静かだったっけ…?」

鳥の声が全く聞こえないことを不思議に思う彼ですが

彼を待ち構えていたのはさらに不可解な事件。

知見(ともみ)の家でみんなで勉強会をしようと

彼女の家に行く一行。

 

しかし、家の前まで来ると庭に居る彼女のペットの犬

小太郎の様子がおかしいのです。

グルグル回ったり、キャンキャン吠えたり…。

見ると顔や体が黒くなっていて

近づいた知見はその正体に愕然とします。

 

それは無数のアリ。

それが小太郎に噛み付いていたのです。

 

陵一の機転でなんとか助けた小太郎を病院に連れて行く彼らですが

彼らはそこで出会ってしまいます。

 

陵一が夢であった、あの恐ろしい美女に。

彼女の美しさにうっとりする友達をおいて、

陵一は、ひとり、薄ら寒いものを感じるのでした…。

>>続きはこちらから

「蟲姫」と入力し検索!

蟲姫の感想

バイオハザード的に、虫たちが暴動を起こす第1話ですが

ラブストーリーというくくりの作品。

2巻以降の展開にご期待です。

 

ホラー描写のうまい外薗先生ですが

虫の描写も抜群!

大量の蟲に襲われる動物をみると

虫への見方が変わりそうになります(笑)

実際、虫が本気出したら、動物は手も足も出ないというのは

本当らしいです。南米の軍隊アリなんかすごいですよ!

 

タッチで好き嫌いが出るかもしれませんが

冬目景先生や五十嵐大介先生が好きな人ならオススメ

そんな作品

「蟲姫」

いろんな意味で危ない作品

ぜひ、読んでみてください!

「蟲姫」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<