鬼畜島のネタバレ(あらすじ)と感想・評価【試し読み無料】

鬼畜島 あらすじ・ネタバレ

 

 

怖い、怖い、怖い…。

 

地図に載っていない菊池島にたどり着いた大学生を

待ち受ける究極のサバイバル

 

容赦なく殺しに来るブタ男たちから

彼らは逃げ切ることができるのか!?

 

絶望に次ぐ絶望のサバイバルホラーを

ホラー漫画で人気急上昇中の漫画家・外薗昌也先生が熱筆!

「鬼畜島」

 

まさに鬼畜の所業

あなたは直視できるか!?

そんなあらすじをご紹介します。

鬼畜島のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「鬼畜島」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

 

「まだ…ぎだ…」

「がみのにえ…ぎだ…」 「がんじゃじます… ざんだまりあ」

岸壁から海を見下ろすひとりの男

スーツを着ているが、その頭には豚から剥いだ顔を身に付け

そしてその脇にはさっき殺したばっかりの女…。

 

いかにも異常なブタ男が見つめる先には

一隻の船。

 

その船に乗っているのは

M大学・廃墟研究サークルの学生たち。

廃墟研究サークルといっても、廃墟に興味があるのは

飯野(いいの)部長ぐらい。

 

主人公・高久(たかひさ)を含めみんなはほぼ遊び気分。

廃墟に興味のない彼が、このサークルに入ったのは

片思いの彼女がいたからでした。

 

しかし、当の本人・友香(ともか)

サークルの先輩・東山が好きらしくて…。

 

複雑な人間模様を描く

廃墟研究サークル。

そんな彼らが来たのは、地図に載ってない島・菊池島

 

東山(ひがしやま)のクルーザーで

やってきた彼らだが、

その島の異様な雰囲気に圧倒されます。

 

無人島のはずなのに

群れをなしている大量の豚たちをみて

気味が悪くなっていきた一行は

島から離れようとしますが…。

 

そのとき高久があるものを見つけます。

 

「焚き火してる!」

 

無人島のはずの島で焚き火…

そして、その傍らにはうずくまっている人もいました。

 

遭難者だと思ってパニックになる一行

その中で、いち早く行動したのは東山でした。

 

服を脱ぎ捨て、

泳いで海岸まで行く彼。

そんな彼を見て、歓声を上げる女子たち。

 

岸についた彼

 

「あの…大丈夫ですか?」

 

そう、人影に声をかけますが、

その瞬間、東山はあっけにとられます。

 

その人影は、先ほどの豚の顔をつけた大男。

そして、彼の右手にはハンマーが。

 

そして、ついに惨劇が…。

 

ただ呆然と見ているだけの一行

 

「だが… 悪夢は始まったばかりだった」

>>続きはこちらから

「鬼畜島」と入力し検索!

鬼畜島の感想

最近、トレンドのデス・ゲーム

その中でも

描写の残虐さはピカイチの作品です。

細かい戦略なんかなく、

なんとか島から脱出する一行と

何回撃退しても、現れるブタ男。

一人づつ殺られていく仲間たち…。

 

まるで、「13日の金曜日」のような

昔のホラー映画を見ている

雰囲気を楽しめる一品です。

「鬼畜島」

 

ハラハラする展開がお好みの方に

ピッタリの一冊。

ぜひ、お試し下さい。

「鬼畜島」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<