よるくも(漫画)のネタバレ・あらすじと感想!【試し読み無料】

よるくも あらすじ・ネタバレ

 

 

「この世界には 上・中・下とあって、

上、「街」 中、「畑」

下に、おく深く 暗く-「森」。」

 

生活層を分断された社会で生きる

ひとりの殺し屋と女の物語。

 

「森」で拾われ、殺し屋にするために育てられ

社会を知らず、読み書きもできない男・「よるくも」

 

感情する持ち合わせない彼は

あるひ、「畑」の料理人の娘・キヨコと出会う。

 

キヨコと接することで

揺れ動かされ始める「よるくも」の

心と世界。

 

ふたりが出会ったとき

この世界は崩れ始める…。

その圧倒の世界観をご覧あれ

「よるくも」

そのあらすじをご紹介します。

よるくものネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「よるくも」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

上「街」、中「畑」、下「森」と

生活層が区切られた世界。

 

その「畑」屋台通り 高岡飯店

 

「キヨコちゃーん」

満員の店内で大人気の看板娘。

高岡キヨコ。

 

父から受け継いだ料理の腕を生かし

今日も頑張って料理を作ります。

 

「いっぺんでいいから でっかい鯛なんて、

捌かせてやりたいな、あんたには」

 

「街」のことを羨ましそうに話す母親にも

 

「見た目どうでも、 うちの安メシは世界一!」

 

そう屈託なく笑う彼女

贅沢しなくても十分幸せなそんな日々を送ってました。

 

 

ところ変わって

どこかの処理室で

手に刺青を入れられるひとりの少年。

 

大人でも痛い刺青をいれるところでも

つまらなそうに見ているだけ。

 

「小辰よ こいつがお前の最初の 守り神。」

小辰(こたつ)と呼ばれる少年の

親指と薬指の間に入れられる 蜘蛛のいれずみ…。

 

それが暗殺者・「よるくも」が誕生した瞬間でした。

 

「旅立ちだよ。」

成長した彼が青年になったとき

彼に与えられた初めての暗殺依頼。

 

彼は人に気づかれず、

ターゲットのボディガードの後ろに近づき

相手に気づかれないうちに、その首を両断する。

 

風呂に入っている

ターゲット・サトウユキオとその愛人

 

愛人の首を落とした「よるくも」は

ユキオに選択を迫ります。

気づくとユキオの首には細いワイヤーが。

 

そう、彼が「よるくも」と呼ばれるのは

この凶器が原因だったから。

 

無事暗殺を果たした「よるくも」

依頼人の中田が出口で待っていて

彼にこう、言うのでした。

 

「第二の世界へ。ようこそ!」

>>続きはこちらから

「よるくも」と入力し検索!

よるくもの感想

感情も知識も、痛覚もないそんな

殺人マシーンとして育てられた男が

少女と知り合っていく中で

人の心を取り戻す…。

 

というと、何かありきたりな設定と

お思いになるかもしれませんが

 

その設定を支える舞台が

とても重厚に描かれていて、抜群のリアリティを

味わえる一品です。

むしろ、そんなありきたりな設定の中では

トップクラスの作品です。

 

映画「レオン」が好きな人には全力でオススメ

ダークな雰囲気、懸命に生きる人々を描いた傑作

「よるくも」

ニヒルでクールでダークな雰囲気…

ぜひ一度お試し下さい。

「よるくも」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<