家族に見える虹のネタバレ・あらすじと感想!結末は…試し読み無料

家族に見える虹 あらすじ・ネタバレ

 

 

家庭のある男性しか愛せず、

薬を口いっぱい頬張る女性。

 

薬に溺れ、男に溺れ

そんな彼女が歩んできた、歪な過去とは…。

そして

そんな、過去に翻弄され、儚くも悲しい人生を歩む彼女に

明るい未来は訪れるのか…。

 

幸せを求めてさまよい続ける

ひとりの女性の、悲しく切ない

感動のヒューマンストーリー

 

「家族に見える虹」

そのあらすじをご紹介します。

家族に見える虹のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「家族に見える虹」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

 

編集プロダクションに務める女性 美歩(みほ)

 

29歳になる美人の彼女には

2つだけ、普通の人と違うところがありました。

 

まず一つは

妻子持ちしか愛せないこと。

 

その日も喫茶店で話していた熊ちゃん

彼も妻子持ちでしたが、彼女の元カレです。

 

熊の前にも4人、彼女が付き合っていた男は

みんな家庭を持ったお父さん。

 

…そして、彼女が今付き合っている男もそうでした。

 

彼女がこうなったのには、

幼少期の記憶が関係していました。

 

「私ってね 父親に娘として

可愛がられてもらった記憶がないのよ」

 

「こんな人がお父さんだったらいいのにって思う

男性を好きになっちゃうのよ」

 

そう熊に説明する彼女。

彼が席を話したとき、彼女はポケットに手を伸ばします。

 

それこそ、もう一つの違い。

 

彼女が取り出したものは薬。

精神安定剤などの大量の薬に彼女は依存していたのです。

 

一年前に使った睡眠剤の効果がよくて

何回も使っているうちに

一度に5錠10錠と数が増えていき

今では、薬を身につけていないだけで不安で仕方ない-

 

自身では認めないものの彼女は

立派な薬物依存にかかってしまったのです。

 

錠剤を口いっぱいに頬張る彼女は

熊に見つかってしまいます。

 

薬に執着する彼女を心配そうに見つめる彼

 

「…そんな目で私を見ないで

いやよぉ いやぁ〜〜」

 

大人とは思えない駄々をこねて喫茶店を飛び出す彼女。

 

熊ちゃんの目…

あれは、昔の私の目…

 

再び彼女は昔のことを思い出すのでした…。

>>続きはこちらから

「家族に見える虹」と入力し検索!

家族に見える虹の感想

薬物依存、男性依存…

そんな彼女の辛すぎる人生。

読んでてこっちも辛いです。

 

自分の周りにはいないのですが

こういう他人本位、他人中心の人は

見てて痛々しくなって

文字通り見てられなくなってしまいます。

 

美人の美歩ちゃんが

口から錠剤ポロポロ落としながら

貪っているシーンなんかおもわず「うわぁ」と。

 

どこまでも転落していく彼女

痛々しく、けれど先が気になる一冊

「家族に見える虹」

家族としての幸せを彼女は手に入れることができるのか

最高のヒューマンドラマ

ぜひ読んでみてください。

「家族に見える虹」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<