ケンガンアシュラのネタバレと感想!無料試し読みあり!

ケンガンアシュラ

 

ケンガンアシュラは、原作“サンドロビッチ・ヤバ子”、
作画“だろめおん”の漫画です。とても面白い名前の二人ですね。

2012年に『裏サンデー』(裏サンデーとは、小学館が配信するウェブコミック)にて、
連載が開始されて、現在も続いています。

 

『ストリートファイター』とコラボして、サンデー(本誌)に掲載されたこともあるようです。

では、気になる話の内容をみていきましょう。

ケンガンアシュラのネタバレ

※ここからはネタバレを含みます。

先に内容を見たいという方は↓から無料で試し読みができます。

サイト内検索窓に「ケンガンアシュラ」と入力し検索してください。

↓ ↓ ↓ ↓

>>「ケンガンアシュラ」を無料で立ち読み

 

冴えない中年サラリーマンが路地裏で喧嘩騒動を目撃します。

一人は筋ものの、筋肉隆々の大男。

もう一人は、普通の体格のジャージの男です。

 

大男は、「余裕でお前に勝てる」と言いますが、
ジャージ男は「お前より自分の方が強い」と言います。

大男が服を破り捨てると、背中には大きな仁王の彫り物が。

 

大男が攻撃を仕掛けますが、ジャージ男は攻撃を華麗に避け、
顔面に一発パンチを入れると大男は相当なダメージを食らいました。

普通の体格の男が、大男の繰り出したパンチをかわし
手首をひねり、ひじの関節を外して、ボコボコに・・・

 

ジャージ男は大男を倒して、現場から去ろうとする際、中年男とすれ違います。

中年男は思わず

『お名前は?』と聞くと、

 

『十鬼蛇王馬(ときたおうま)、アンタの名は?』

『山下一夫です』

『アンタもやるのかい?』と聞くと、男は一目散に逃走していきました。

 

山下は、その夜15年ぶりに女を抱きました。

十鬼蛇王馬のすさまじい殺気を一身に浴びて、山下の本能が即座に反応して
種の保存をしようとしたようです。

 

場面が変わり、十鬼蛇はニヤニヤしながら街を歩き・・・

 

ケンガンアシュラを読んでみての感想

まず、表紙から十鬼蛇の、目チカラが強くてゾッとします。

喧嘩漫画なのかな?と言う印象を受けます。

内容を読んでみると、やっぱり喧嘩漫画なのですが、
喧嘩の話をダラダラと描くのではなく、関節外しや男の本能なども描かれていて、

変なグロさを感じさせない分、女性でもスッと読むことが出来る作品だと思います。

 

話の内容があまりにも力強く、原作の方の名前が「やば子」さんなので、

女性にしてはすごい内容の話を描くなぁと思って調べてみたら、男性の方でした。

 

それにしても、まだまだ謎だらけです。

そもそも主人公は十鬼蛇なのでしょうか。笑

それにしても、凄い名前ですよね。

そして、山下と今後も出会うことがあるのでしょうか。

 

ケンガンアシュラの試し読み

ケンガンアシュラは下記のサイトで試し読みが出来ます。

ストレス発散をしたい方、強くなりたい方、
読むとあまりの強さにスッキリしますよ。

是非一度試し読みしてみてください。

↓ ↓ ↓ ↓

>>「ケンガンアシュラ」を無料で立ち読み

↑サイト内検索窓に「ケンガンアシュラ」と入力し検索してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です