戸籍のない子(漫画)のネタバレ・あらすじと感想【試し読み無料】

戸籍のない子 あらすじ・ネタバレ

 

 

ゴミの分別の文句に行ったある家で

出会ったひとりの少女。

 

ネグレクト、学習障害…。

少女を苦しめ、孤独に追い込む境遇。

 

果たして、他人が彼女を救うことが出来るのか

その限界を問う表題作「戸籍のない子」

 

その他にも最下層の女たちの闇を描く

壮絶なドラマの数々を収録した

「戸籍のない子」

 

そのあらすじをご紹介します。

戸籍のない子のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「戸籍のない子」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

この話は

町内会の会長・矢島史江(やじま ふみえ 54歳)

ゴミの苦情であるアパートの住人を訪ねるところから始まります。

 

その住人・今村えみ子(いまむら えみこ)

あきらかに面倒くさそう。

 

しかし、彼女より史江の心を捉えたのは

えみ子の後ろでカップラーメンを作っていた少女。

 

彼女がラーメンをこぼして

「熱い、ママ」と言いながら、えみ子のところにきたのですが

えみ子はなにもしようとしません。

 

見かねた史江が彼女の手をとって

水で冷やしている間も少女は、

 

「やだ、やだよ」

 

そう手を引こうとします。

そんな彼女の様子を見て

 

「見かけより子供っぽい人見知りする子だな」

 

と、何かを感じ取る史江でした。

 

隣の家のおばあさんの話では

えみ子は水商売をしていて、

夜中酒を飲みながら帰ってきたり

毎晩違う男を連れ込んで、本番を始めたりするので

すごい迷惑しているというのです。

 

娘も一日中テレビを見ていてうるさいとも…。

 

史江は、彼女が登校拒否やひきこもりではないかと

彼女のことを気にするようになります。

 

 

えみ子が男を連れ込んでいるときは

外に出される少女

 

しかし、彼女は人の目が怖いので

ビクビクしながら公園で大人しくするしかないのでした。

 

そんなとき、少女を見つけた史江

ラーメンの時に火傷したところが悪化していたので

半ば無理やり家に連れ込んで、治療してあげることに。

最初は、前にあった時と同じように人見知りする彼女。

しかし、優しく接してあげる史恵にどんどんと心を開いていきます。

 

少女の名前は「あい」

中学生に見えますが、実は20歳だというのです。

しかし、その話をしている口調や

人形を大切にする姿は中学生くらいにしかみえません。

 

 

しかも、少女には戸籍がないことが分かって…。

>>続きはこちらから

「戸籍のない子」と入力し検索!

戸籍のない子の感想

「あい」の一人がたりが印象的な話。

 

「ずっとママといっしょです ずっとテレビといっしょです」

 

拙い言葉で自分のことを

語ろうとする彼女の一生懸命な姿は

胸にこみ上げてくるものがあります。

 

法は家庭に入らず、警察不介入ということばがあるように

家庭の問題は家庭内で解決するもの。

しかし、母親が常に母らしいと言えないような現代で

家族以外の人が何ができるのか-

そんな現代の問題を鋭く切り取った内容になっていました。

 

そんなドラマチックなストーリー

「戸籍のない子」

テレビドラマよりも刺激的!

ぜひ読んでみてください。

「戸籍のない子」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<