ホームレス主婦のネタバレ・あらすじと感想(評価)【試し読み無料】

ホームレス主婦 あらすじ・ネタバレ

 

 

DVを振るう夫、陰湿な仕打ちをする姑…。

 

そんな地獄のような日々から逃げて

車の中で生活しなければならなくなった主婦。

 

ホームレスとして、ゴミをあさり

懸命に生きようとする彼女を待ち受けていたものとは…。

 

そんな表題作「ホームレス主婦」のほか

「奈落から天国へ」「生きてていいの?」など

 

悲惨な運命に翻弄される人々の実話を

漫画にした本作

「ホームレス主婦」

 

今回はその中でも

表題作をご紹介します。

ホームレス主婦のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「ホームレス主婦」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

 

 

橋の下・川のほとり。

そこに車を止め、車上ホームレスをしてから半年。

 

野島みな江(のじま みなえ)

最大の危機を迎えていた。

 

下がらない熱と空腹。

頼るものものいない彼女は

死を覚悟していた…。

 

「身元不明として、無縁墓地に葬られるかも…。」

そんな心配をしながら

朦朧とする彼女。

 

彼女の頭の中では

走馬灯が…。

 

そんな辛い思いをしても

元の家に戻りたくない…

 

酒乱でDVの夫、底意地の悪い姑

「オレをなんだと思ってやがる!」

そういってみな江に皿を投げつける夫・武(たけし)

 

その皿が彼女の頭にあたって、血が出てもすこしも

夫は心配しませんでした。

 

そして、その様子を見ても嫁をかばおうとしない姑

それどころか

 

「育ちが悪い女は困るわ」

「酒のさかなひとつ まともに作れないんだから」

そう、嫁をいびり眉をひそめます。

 

みな江は天涯孤独の身

この家を追い出したら行くところもないし

相談できる友達もいない彼女にとって

その家が例え地獄でも、

彼女はひたすら我慢するしかなかったのです。

 

そんな彼女を支えていたのは

ひとつの腕時計。

それは、今は亡き母の形見だったのです。

 

しかし、ある日姑に見つかり取り上げられてしまいます。

腕時計を売ろうとする姑をみて

さすがのみな江も抵抗します。

 

「返してっ」

 

しかし、そのとき姑は頭を打ってしまい

みな江を恨めしく睨みつけます。

 

「武が帰ってきたら

あんたなんかぶっ殺させてやるから」

 

そう、うめく彼女の目は真剣そのもの。

 

「殺される…。」

 

そう思った、彼女は家から逃げてホームレスになったのでした…。

>>続きはこちらから

「ホームレス主婦」と入力し検索!

 

ホームレス主婦と感想

ホームレス主婦…。

初めて聞く言葉でした。

 

よく、「実家に帰らせてもらいます」なんて

シーン、ドラマで見ましたが、

帰るところのない主婦は

最悪、こういう道しか残されてないですよね。

 

すごいレアな体験を漫画にした

貴重なものだと思います。

 

ホームレスになったみな江、

彼女はホームレスになじめるのか、それとも家に帰るのか。

「ホームレス中学生」ならぬ

「ホームレス主婦」

 

その衝撃の現実を、

一度ご覧になってください。

「ホームレス主婦」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<