まんがグリム童話性に溺れた女帝たちのネタバレと感想!試し読み無料

性に溺れた女帝たち あらすじ・ネタバレ

 

 

「必ず権力の頂点に立ってやる!!!」

 

子供の頃から愛情を受けず

初めて愛された人からも裏切られ

絶望の淵にたったひとりの女性。

 

彼女が性技をもって挑む、謀略渦巻く貴族の世界!

 

暗殺、篭絡そして裏切り…。

 

情を捨てた鬼たちの住む世界で

彼女が見たものとは…!?

 

第一話「デュ・バリー夫人」を始め

権力と性と謀略にまつわる実話を描いた

「まんがグリム童話性に溺れた女帝たち」

 

本日はその中でも「デュ・バリー夫人」

あらすじをご紹介します。

まんがグリム童話性に溺れた女帝たちのネタバレ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「性に溺れた女帝たち」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

舞台は18世紀・フランス

デュ・バリー伯爵の豪邸

 

その寝室で絡み合う男女。

 

「どう ギューム

ママンのおっぱい おいちい?」

 

赤ちゃんプレイを楽しむ男は

デュ・バリー家の次男 ギューム

 

そして…彼が抱きついている女性

ジャンヌこそ、この物語の主人公

 

「男という生き物を手懐けるのは簡単だ」

 

ギュームと抱き合っているジャンヌには

彼に対する愛情のひとかけらもありませんでした。

 

彼がいないところで

ジャンヌはギュームの兄

ジャンと酒を交わします。

 

「おめでとう ジャンヌ

場末の酒場に生まれた娼婦が

いまや伯爵夫人か…。」

 

「お前の底知れない野心は どこから湧いくるんだ?」

 

そう聞かれたジャンヌは

思いめぐらします。

 

彼女の半生-それは地獄のような日々。

生まれながらのジャンにはわからない苦労を

彼女はしていたのです。

 

 

…「私の母親は淫乱女」

 

父親も知らずに生まれた彼女に

母親が愛情を抱く訳もなく、彼女が7歳の時に

男と蒸発してしまいます。

伯母に預けられた彼女はそこでも

可愛がられるはずなく。

 

年頃になった彼女は

貴族の家の使用人として住み込むことになります。

自分を雇ってもらったことが嬉しく

頑張って働く彼女。

 

さらに、その家の息子から

夜這いをかけられて、彼の子を宿すことになります。

皮肉なことに

愛されずに育ってきた彼女は

初めて人に愛される喜びを知ったのです。

 

しかし…。

彼は、貴族の娘と結婚することに。

子供を身ごもったジャンヌが邪魔になった

彼は、彼女が邪魔になり…。

>>続きはこちらから

「性に溺れた女帝たち」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

まんがグリム童話性に溺れた女帝たちの感想

あらすじで書いたデュ・バリー夫人は実在の人物で

かの有名なマリーアントワネットと対立していた人物として

知られています。

 

…というか当時の貴族の女性で

娼婦同様の手口でのし上がってきた彼女と

仲の良い人は少なかったといえます。

 

そんな中で

奸計を用いて生き残っていく彼女のしたたかさは

現代の女性にも通じるものがあり

見習わなければと、感心するところも。

 

女性だけでなく歴史上の有名人物の

権力と性と謀略が渦巻く一冊

「まんがグリム童話性に溺れた女帝たち」

「性に溺れた」とありますがいろいろな

ストーリーが入っているので

歴史に興味がある人に是非オススメです!

「性に溺れた女帝たち」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<