まんがグリム童話淫獄の聖女のネタバレ・あらすじと感想!試し読み無料

淫獄の聖女 あらすじ・ネタバレ

 

 

「ここの新オーナーのエヴリーヌ・ジャンメールです」

 

あたらしく、シャトー(フランスのワイナリー)

のオーナーになったのは

キツそうなご婦人。

 

その傲慢な言い方や一方的な言い草に

次々と辞めていく労働者。

 

しかし、実は嫌われ者の彼女の裏の顔が…。

そして、それを知ったひとりの男

 

ふたりの巡るめく官能の世界!

 

第1話「天女の羽衣」など

古今東西の説話をモチーフに描かれる

男女の物語。

「まんがグリム童話淫獄の聖女」

熱い男女の絆を描く本作

今回は「天女の羽衣」をご紹介します。

まんがグリム童話淫獄の聖女のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「淫獄の聖女」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

フランスのあるシャトーに降り立った

派手で場違いな婦人エヴリーヌ・ジャンメール。

 

彼女はシャトーを改修したあと保養所として利用すると

労働者に説明する彼女。

 

「修繕・内装・造園など仕事の人出は

いくらでも要します」

 

そう、上から説明する彼女に

労働者は不満でいっぱい。

 

「おいおい、『雇ってやる』ときたか

恩きせられたくはねぇもんだ」

 

彼女の傲慢な態度に反発した

労働者の多くは、彼女のもとを去っていきました。

そんな中、彼女の下についた男・ローラン。

 

仕事の内容を厭わない性分から彼女の下に

残っただけで、ほかの労働者同様

彼も、彼女にはいい感情を持っていませんでした。

 

すこしでも、口答えすれば

 

「言うとおりにできないなら

どうぞ、お辞めなさい」

 

そう冷たく言われる日々に

彼はイライラ。

 

しかし、彼女のお小言は止むことを知らず、

次から次に、ほかの労働者がやめていきます。

 

このままでは、仕事に支障が出ると考えたローランは

彼女に直談判することにしました。

 

しかし、館に入って声をかけても

誰も出てきません。

「入りますよ ジャンメールさん」

館の中を進んでいくと

足元に一枚の手紙が…。

 

 

そこには、お金をかしてほしいという

エヴリーヌの妹からの要望が書かれています。

 

すると、そこに婦人が現れて激怒。

盗人扱いされた上に、痴漢扱いまでされた彼は、

棒を振りかざしてギャーギャー騒ぐ彼女に

完璧にブチ切れしてしまいます。

 

彼は婦人の棒を取り上げて…。

>>続きはこちらから

「淫獄の聖女」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

まんがグリム童話淫獄の聖女の感想

高慢ちきな女が、実は不器用だったり、繊細だったりする

そんな自分的にストライクな設定の漫画です。

 

「ババァ 結婚してくれ」みたいな

おばさんスキーならば、読んで損しない一冊です。

読んだ限りで「天女の羽衣」の要素は

ありませんでしたが、このあと関係してくるのかな?

どう「天女の羽衣」に近づけるのかも気になるところです♪

 

童話・説話をモチーフにした男女の愛憎劇

「まんがグリム童話淫獄の聖女」

グリム童話だけでないので、童話などのカバーが好きな人に

おすすめの一冊です!

「淫獄の聖女」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<