おとむらいさん(漫画)のネタバレ(あらすじ)と感想!試し読み無料

おとむらいさん あらすじ・ネタバレ

 

 

「ここには本物の人間ドラマが

たっっくさん 詰まってるから」

 

死体役ばっかり・女優としてなかなか芽が出ない

女優・音村さん

ひょんなことから葬儀の司会をすることに!?

 

ドラマを演じてきた彼女が見た

本当の人間ドラマの数々。

個性的な仲間たちと繰り広げる

笑って泣ける、「おとむらい」の世界。

「おとむらいさん」

そのあらすじをご紹介します。

おとむらいさんのネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「おとむらいさん」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

「あぁ… 今日も私

うまく きれいに死ねたかしら」

 

頭から血を流し朦朧とする女性…。

 

その瞬間

「はいカット-!」

 

和室のジオラマ-

死体役を演じていた女優

音村いづみ(おとむら いづみ)はむくっと起き上がります。

 

「幸薄女やらせたら右に出る者いない」

そう監督に褒められるように

いづみは、死体役ばかり演じてきました。

 

しかし、そんな役どころばかりに不満な彼女。

 

主演の綾瀬まさみ(あやせ まさみ)

花束をもらってちやほやされているのを見て

 

「ああいうの すごい憧れる…」

心中羨ましくても

そこまで女優としての花がないことを自覚しているいづみ

 

そして突きつけられる現実

無邪気なマネージャー・ハコちゃんに聞いた

今後の予定。

「今月来月、白紙です」

 

女優歴10年

そんな彼女の代表作といえば

顔出し無しのユーレイだけ。

 

女優として生きてきたという実感のないいづみ。

 

そんな彼女が女優を目指して

今日まで頑張ってきたのは

高2の時に見た根津高次郎(ねず こうじろう)監督の

映画に感銘を受けたから。

 

その日から、いつか監督の作品に出れるために

いづみは、頑張ってきたのでした。

 

しかし、彼女に届いたニュース

それは病床に伏した根津監督が引退するというもの。

 

一緒にニュースを聞いていた花屋の杉浦(すぎうら)くん

「菊の花をちょうだい」

たった今 女優・音村いづみは死にました。」

とすっかりお通夜モードになる

いづみでした。

根津監督の作品を見ながら

完全に女優としての目標を見失った-

そう悲しみに暮れます。

 

そんな彼女を元気づけようと杉浦くんが依頼した仕事

花屋、プランナーという単語から

結婚式の司会と勘違いしたいづみは

いつまでも腐ってられないと仕事を受けることに。

 

しかし、彼女が気合満々で

乗り込んだ場所は葬儀場だったのです…。

>>続きはこちらから

「おとむらいさん」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

おとむらいさんの感想

音村さんの苗字と

「おとむらい」がかかっているタイトルの本作。

 

杉浦くん・ハコちゃんや

葬儀プランナーの産神(うぶがみ)くんなど

キャラが濃いメンツが繰り広げる

テンポの良いギャグ。

そして、葬儀に詰まった人間ドラマ。

両方とも味わえる作品です。

 

ギャグ漫画で泣かせる展開に弱いという人にオススメ。

「おとむらいさん」

ぜひ読んでみてください!

「おとむらいさん」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<