マルチュリアのネタバレ(あらすじ)と感想!【試し読み無料】

マルチュリア あらすじ・ネタバレ

 

 

ツリー・オブ・スカイ

その天にそびえるタワーが完成した日から

世界は崩壊に向かう…

 

黒い砂塵は、人々を「悪魔」に変え

50億人もの世界中の人たちは「悪魔」になってしまった世界

対悪魔機関「シーラカンス」で

仲間たちと共に戦うひとりの少年の物語

 

彼の主張する「革命」とは?

そして悪魔たちの正体は?

 

異形の怪物と戦う人々を描いた

熱いアクションバトル

「マルチュリア」

そのあらすじをご紹介します。

マルチュリアのネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「マルチュリア」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

墨田区「ツリー・オブ・スカイ」

世界一の高さを誇る人工塔

 

その完成式の日からすべては始まった…

 

「いよいよ完成披露日がやってまいりましたよ!」

 

テレビカメラの前で笑顔で報道するアナウンサー。

タワーの前は人で大混雑!

オープンを今か今かと待ちわびています。

 

そのとき、タワーのてっぺんから煙が…

 

「ねえ パパ あのケムリなんなの?」

並んでいた女の子が、父親を振りかえると

 

そこには黒い全身に白いふざけたお面をつけた

異形の怪物の姿が-

 

そこからはあっという間。

ツリーから出る黒煙に触れ、世界中の

約50億人、世界総人口の7割がその異形の化物に…

 

その化物こそ

後に「悪魔」と呼ばれる存在だったのです。

 

残された人々は対悪魔に備えて集結します。

港区にある「シーラカンス」もその一つ。

 

その組織に

ひとりの青年・飛坂凛太郎(ひざか りんたろう)

加入したとき、本当の物語は始まります…

 

対悪魔組織「シーラカンス」

港区台場に基地を構え

最高指揮官・兜山鴻之介(かぶとやま こうのすけ)のもと

悪魔への対策を模索する組織。

 

姉を守りながら、この基地まできた凛太郎は

この組織の戦士に加わることに。

 

しかし、彼を迎えた戦士たちの雰囲気は

あまりよくありません。

自己紹介している、彼をからかったり、口を挟んだり。

 

「俺は 「革命」を起こしてやりたい」

 

自分の意思をくすくす笑う

構成員にいらだちを隠せない凛太郎。

 

しこりが残ってしまった自己紹介の後に

彼を待っていたのは

戦士隊リーダー・沙倉アユ樹(さくら あゆき)

実地訓練でした。

 

悪魔を倒しに行く戦士隊。

しかし、組織に入った凛太郎をしょっぱなから

危険が襲います…!

>>続きはこちらから

「マルチュリア」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

マルチュリアの感想

どうみてもスカイツリーが舞台のおはなし。笑

スカイツリーからの黒煙が人を悪魔に変えるという

設定は斬新で面白かったです。

 

緊迫したシーンや迫力あるアクションで

ドンドン話に引き込まれていきます。

 

登場人物がすこし宝塚っぽいので

耽美系が好きな女性が読んでも楽しいかもしれません♪

そんな雰囲気のアクションバトル

「マルチュリア」

ぜひ、お試し下さい!

「マルチュリア」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<