虐待の家(漫画)のネタバレ(あらすじ)と感想【試し読み無料】

虐待の家 あらすじ・ネタバレ

 

 

「どうして、おまえはいつもいつも

私の邪魔ばかりするの!!」

 

日常的に子供を叩き、虐待を加える母親-

なぜ彼女は、息子に手をあげてしまうのか?

 

体験談だけでは終わらない…

「虐待をなくすためにできること」を考えるために

ぜひ読んで欲しい短篇集!

「虐待の家」

虐待が繰り返されるのはなぜか?

その核心に迫った問題作。

 

本日はその中でも

「無数の棘」のあらすじを紹介します。

虐待の家のネタバレとあらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「虐待の家」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

泣き叫ぶ子供の声、叱りつける母親の怒鳴り声…

 

専業主婦ひとみは、すこしでも彼女の手間をかける

息子の直人が許せません。

 

その日も掃除をしている横で

新聞をガサガサ散らかしている直人にイラっ。

彼が吹き飛ぶほど、強く掃除機で殴りつけます。

しかし、その拍子に

机の角に頭をぶつけて、直人は気絶してしまいます。

 

慌てたひとみは直人を病院へ。

幸い無事で済んだ直人を連れて帰ろうとするひとみは

看護師として勤務していた、幼馴染のみっちゃんと再会します。

 

みっちゃんは

ひとみが小さい頃、父から虐待を受け、

同い年の子からもいじめを受けていた彼女を
支えてくれた唯一の友達だったのです。

 

「今度の休日 私休みだから遊びに来て!!」

 

みっちゃんにあって、昔を思い出すひとみ

 

ゴキブリのような父から受ける暴力…

母親が亡くなってからのひもじい日々…

欲しくなかった子…

子育てに興味を持たない夫…

 

「子供の頃から 私の心はすりきれるばかりだ」

幸せを見いだせない彼女でした。

 

次の休日に約束通り

みっちゃんの家を訪ねるひとみ

お隣の奥さん・美紀(みき)も一緒に談笑していると

 

庭に干している洗濯物を汚れた手でベタベタ触る直人の姿が…

 

それをみたひとみは

いつものように直人をぶちます。

 

ぶつことをしつけだ、というひとみに

 

「ぶつことはしつけじゃないわ」

 

みっちゃんはそうひとみに諭します。

 

幼い頃、殴られて育てられてきたために、

歪んだ教育感覚を持ってしまったひとみ。

そんな彼女に不安を覚えたみっちゃん。

 

彼女はひとみに

「カッとなったら10数えなさい!!

腹が立ったら20数えなさい!!」

そうアドバイスするのでしたが…

>>続きはこちらから

「虐待の家」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

虐待の家の感想

虐待を受けて育った子が親になると

こんなに大変なんだ、とわかりやすく描いています。

 

暴力を振るわれたから、自分の子にも暴力を振るう…

絵本を読んであげるという感覚が無い…

親に何かしてもらったことがない子が

子供になにかしてあげるということを考えられない

 

ひとみを観察して、みっちゃんがたどり着いた結論には

すごく説得力があるように思いました。

 

単純に虐待を非難するのではなく

虐待を考えるための一冊

「虐待の家」

子育てに悩むあなたにオススメする一冊です。

「虐待の家」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<