僕たちがやりましたのネタバレ(あらすじ)と感想【試し読み無料】

僕たちがやりました あらすじ・ネタバレ

 

 

「俺の人生 希望しかないわぁ」

 

退屈だけど満ち足りた日々をおくる3人の高校生たち

 

超不良高の横にあるぼんくら高校で

危険と背中合わせで、

それでもなんとか

平穏にやってきた彼らの牧歌的な毎日

 

しかし、そんな日々は

ある日突然終結することに…

 

「アイツら殺そう 俺たちで」

平凡な彼らの殺害計画!?

「僕たちがやりました」

先読み不能な青春殺人計画物語のあらすじをご紹介!

僕たちがやりましたのネタバレ・あらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「僕たちがやりました」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

毎日が充実していて楽しいトビオ

きのこカットのマル

彼女とラブラブな宇佐美(うさみ)

 

彼らは超不良高校・矢波高(やばこう)と

道路を挟んでお隣にある凡下高(ぼけこう)の高校生

 

危険と隣り合わせ、毎日といっていいほど

恐喝暴行の現場を見る彼らですが

 

いままで危険を避けつつ

平穏で楽しい毎日を過ごしていました。

 

彼らのフットサル部に出入りするOB・パイセン

卒業しているはずなのに毎日部室にくる彼は

3人の遊び仲間。

 

トランプやボーリングで毎日楽しくリア充生活。

そんなある日…

トビオとマルが帰る途中で、たむろしている矢波高のやつらを発見

 

マルが調子に乗って聞こえないくらいの声で

「死ねー マジ死ねー」

と挑発します。

 

しかし、後ろから来ていた矢波高のやつらに聞こえてしまい

一気に血の気が引く二人…

 

しかし、そこを通りかかったパイセン

彼らに金を渡し、なんとかその場を切り抜けます。

 

しかし、彼らはあきらめていなかった。

 

次の日の朝

トビオは幼馴染の蓮子(れんこ)の彼氏に声をかけられます。

顔を見てびっくり。

そいつは昨日絡んできた

矢波高の不良の一人だったのです

 

「後ろ乗れ ちょっと遊び行こーぜ」

 

バイクで拉致しようとする不良

その場は蓮子の機転で助かりましたが

完全に目をつけられたことを知ったトビオ

 

ついに、マルが矢波高のやつらに

拉致されてしまいます。

 

しかしそんなことも知らずに遊びまくる

パイセンとトビオ・宇佐美。

 

遊びまくって、帰ろうとしたとき

パイセンの車に置かれたダンボールに気づく3人

 

その中にはボコボコにされたマルが…

 

「アイツら殺そう 俺たちで」

トビオはそう決意するのでした…

>>続きはこちらから

「僕たちがやりました」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

僕たちがやりましたの感想

リア充楽しそうという前半と

後半の重い雰囲気のギャップがすごい漫画

 

「そこそこ楽しく過ごせればいい」といっていた

トビオがすごい冷たい目をするところは

すごいゾクッとする名シーンです。

 

「ヒミズ」以降の古谷実先生の作品と雰囲気が似ているので

好きな人にはぜひオススメです。

原作は、「神様の言うとおり」でおなじみ金城宗幸先生!

「僕たちがやりました」

予測不能の復讐劇、ぜひ試し読みしてみてください!

「僕たちがやりました」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<