リューシカ・リューシカのネタバレ(あらすじ)と感想!試し読み無料

リューシカ・リューシカ あらすじ・ネタバレ

 

 

「リューシカ リューシカ ゲームが始まります」

 

金髪の幼女リューシカの周りは不思議がいっぱい!?

 

好奇心いっぱい!

見るもの全てに興味をもつリョーシカと

周りの大人たちが繰り広げる、日常の日々!

 

子供から見た世界がこう見える!?

子供だけにみえる不思議な世界の大冒険のはじまりです。

 

「灰羽連盟」「ニア アンダーセブン」で独自の世界感を

表現した安倍吉俊先生がおくる空想少女の絵日記的作品

「リューシカ・リューシカ」

その不思議な世界感の紹介です。

リューシカ・リューシカのネタバレ・あらすじ

ここからはネタバレを含みます。

先に内容を読みたい方は↓のサイト内検索窓に
「リューシカ・リューシカ」と入力し検索してください。

>>無料試し読み入り口

PCの方はこちらから↓

>>PC無料試し読み入り口

この漫画は、主人公の少女リューシカ

日常の不思議を見つけてひと騒動起こすという流れのオムニバス。

 

リューシカは金髪ですがれっきとした日本人

本名栢橋龍鹿(かやはし きみか)の名前をとって

「リューシカ」と呼ばれています。

 

トレードマークは前でカチューシャ風に結んだリボン。

 

「第1話」

お姉ちゃんから「だるまさんが転んだ」という遊びを教えて

もらったリューシカ

 

本物のだるまでやると勘違いして

だるま相手に遊びます。

 

しかし、当然だるまは全然動かず。

「この遊びは何が面白いのかわからない…」

 

悩んだ末、だるまを転がすことに。

動かしたり、ホウキでつついたりして転がそうとするも

うまくいかないリョーシカ。

 

ふと気づくと、だるまの片目がなくなっていることに気づきます。

さいしょから、左目しか入ってなかったのに、

触ってる間に落としてしまったと勘違いする彼女。

 

一生懸命さがしますが、当然あるはずなく。

だるまの顔を見ると、何やら怒っているように見えてきました。

 

そんな時、筆を見つけた彼女は

目玉を見つけたと嘘をついて、墨で目を入れようとします。

 

しかし、うまく目をかけずいろいろ書いているうちに

わけがわからなくなり…

「あわててはいけません!!

あわてたときはたいそうをしましょう!!」

 

と、何故か急にラジオ体操第一を。

しかし慌てて話した筆がだるまにジャストミート

 

トドメを刺してしまったと思った彼女は…

>>続きはこちらから

「リューシカ・リューシカ」と入力し検索!

>>PCの方はこちらから

リューシカ・リューシカの感想

感じとしては「よつばと」(あずまきよひこ先生)に

似ている作品。

連載時はパクリとかいう批判もあったとか。

 

しかし個人的に分けるとすると

「よつばと」が「大人が理解できるこどもらしさ」で

「リューシカ」は「大人が理解できないこどもらしさ」では

ないかと。

 

そういうわけなので、すごい共感ができるとか、

爆笑できるというジャンルではないのですが

とても興味深い世界観だと思います。

 

全編カラーなので絵本のような雰囲気が好きな人にもおすすめ

「リューシカ・リューシカ」

「よつばと」好きな人にも読み比べて欲しい一冊です。

「リューシカ・リューシカ」 と入力し検索(´ε` )

>>BLをお探しならHandyコミックへ<<

>>TLをお探しならHandyコミックへ<<